MEGUMI - jpwiki.org

MEGUMI



めぐみ
MEGUMI
プロフィール
別名義 古谷 仁(本名)
山野 仁(旧姓名義)
愛称 めぐたん
ジン
ジンちゃん
生年月日 1981年9月25日
現年齢 39歳
出身地 日本岡山県倉敷市
血液型 A
公称サイズ(2003年4月時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
スリーサイズ 94 - 60 - 86 cm
カップサイズ H
活動
デビュー 1999年
ジャンル タレント
他の活動 女優
その他の記録
グラビアアイドル
第2代目(2003) KYORAKUミスサプライズ
モデル: テンプレート - カテゴリ

MEGUMI(めぐみ、1981年9月25日 – )は、日本のタレント女優歌手、元グラビアアイドル。夫はDragon Ash降谷建志(Kj)、義父は俳優の古谷一行、長男は俳優(子役)の降谷凪[1]。 本名 古谷 仁(ふるや めぐみ)、旧姓 山野  仁(やまの めぐみ)。血液型A型。所属事務所サンズエンタテインメント身長158cm、スリーサイズはB94、W60、H86。

岡山県倉敷市出身(島根県松江市出生)。中島幼稚園、中島小学校倉敷第一中学校陸上部、私立倉敷翠松高校(在学当時は女子高)中退。

趣味は、書道(八段)、乗馬、アイドルの写真集集め(約200冊)、そろばん。特技は、料理(水餃子・炒飯)、スポーツ、英会話。好きな色はピンク。

目次

来歴


グラビアアイドルとして

もともとは歌手を目指しており、アメリカに短期留学して聖歌隊で歌うなどしていたが、「歌の才能はない」と先生に言われる。「それでも歌を出したければ、まず留学先でシリコン豊胸手術を受けて顔を売れ」と勧められ、グラビアに挑戦。最初は恥かしさもあり不安が大きかったが、プロにメイクやライティングをしてもらうことによって綺麗な仕上がりになることに納得し、撮影終了後に「楽しかった」と感じたことでグラビアモデルを続けることにした。芸名は最初の写真集を撮る際、連れていかれた現場での野田義治の「お前は今日からMEGUMIだ!」の一言で決定。

甲高いアイドル声と可愛さを前面に出す、というアイドル路線が一般的であった当時において、グラビア活動主体の新人タレントとしては、体型以外で飛び抜けたセールスポイントはなかった。しかしながら、よく通る声と、「おっさんトーク」とまで揶揄された核心に触れるトークで人気を博した。

2003年 - 2004年4月頃まで関根勤率いる「関根勤とパロディー集団」として『エンタの神様』にVTR出演。2003年12月テレビ朝日系『徹子の部屋』に出演した際、司会黒柳徹子がMEGUMIの大きな胸を触って、エンディングを迎えると言う前代未聞の演出があった(2008年及び2011年に同番組に再出演した際にもその話題が触れられた)。

2004年、所属事務所をイエローキャブからサンズエンタテインメントに移籍。その後は女優業にも進出。

2005年7月18日、ドラマの撮影でロケ地に向かう途中、マネージャーの運転する車の後部座席で横になっていたところ、後続のバス2台とトラックに追突されるという交通事故に遭い、恥骨のみ骨折と診断され、2週間ほど入院。入院中は医者が回診に来ては恥骨の辺りを触るが、来ないと寂しかったという。退院後は静養し、8月下旬仕事に復帰した。後に、フジテレビ系『森田一義アワー 笑っていいとも!』で「恥骨骨折をした」と語る。その入院中にMEGUMIを懸命に看病をしたことから野田社長に認められたのがはるな愛である。

イエローキャブ分裂時には事務所残留を希望したとされるが、野田義治の知人の紹介で入社した関係上、野田に付いて行かざるを得なかったとされている。

歌手として

2003年から2004年の約1年間、歌手として活動した。

2003年7月16日坂本九の「見上げてごらん夜の星を」をダンスホールレゲエ調にアレンジし、日本のレゲエラッパーCORN HEADフィーチャリングしたマキシシングルと、同曲を含む5曲入りのミニアルバム『MY NAME IS MEGUMI』を同時リリースし、念願の歌手デビュー。当時「見上げてごらん夜の星を」を平井堅カバーアルバム『Ken's Bar』でカバーしており第54回NHK紅白歌合戦にて歌唱、MEGUMIの「見上げてごらん夜の星を feat.CORN HEAD」は、世間に広く認知された平井バージョンとは対照的に陽の目を浴びることなくオリコン週間チャートにおいても最高位130位という結果に終わった。その後も、今度はCORN HEAD側からのオファーでフィーチャリングという形で参加したCORN HEAD名義のシングルでありラッツ&スターめ組のひと」のカバー曲である「め組のひと feat.MEGUMI」、Yellow Girls名義でリリースした「六甲おろし」のカバー「六甲おろし〜Yellow Girls Version〜」の他、2004年までにシングルを3枚、ケツメイシRyojiSILVA、"DOUBLE BLADES"名義のNao'ymtshungo.YANAGIMANといった第一線で活躍するアーティスト音楽プロデューサーコンポーザーリリシストがこぞって参加したフルアルバムLOVE ALL PLAY』を相次いでリリース、歌手活動を継続したが、ヒット曲には恵まれず、オリコンチャート上位などには無縁であった。

熱唱オンエアバトル』の特別放送にゲストとして呼ばれた。本人もこの番組が好きで大変喜んでいたが、ハリガネロックと息が合わずたじたじだった。また本人は「ファイナルで球を転がしたい」とも言っていた。

くりぃむナントカ』などで突発的にPVが披露されたが、歌唱力が低いと失笑された。

結婚後

2008年7月7日に自らの妊娠が判明したことを機に、交際中であったDragon Ashボーカル降谷建志と結婚する。所属事務所を通じてマスコミ向けに発信されたFAXにて「赤ちゃんを授かったので、本日入籍しました」と発表[2]。妊娠のため舞台『悪い冗談のよし子』を急遽降板した(代役は山田まりや)。2009年2月6日、都内の病院で第一子となる男児を出産した。

2019年、映画『台風家族』と『ひとよ』の演技が評価され、第62回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞する[3]

人物


出演


バラエティ番組 他

過去のレギュラー出演

テレビドラマ

ウェブテレビ

声の出演

アニメ

吹替

ラジオ

CM

映画

舞台

その他

ディスコグラフィ


本人名義

参加CD

ビデオ・DVD

書籍


写真集

脚注


[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ FODで配信後、フジテレビで放送。

出典

  1. ^ 降谷建志&MEGUMIの長男・降谷凪が俳優デビュー!松たか子の息子役に ”. シネマトゥデイ (2019年12月9日). 2019年12月9日閲覧。
  2. ^ “MEGUMIと降谷建志 婚姻届提出” . スポニチ Sponichi Annex. (2008年7月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/07/07/kiji/K20080707Z00000490.html 2017年5月1日閲覧。 
  3. ^ 助演女優賞・MEGUMI、うれし泣きも「実は狙っていた」 今後改名も…ブルーリボン賞 ” (2020年1月28日). 2020年2月4日閲覧。
  4. ^ #246 2006/04/30 ”. 新堂本兄弟 番組公式サイト (2006年4月30日). 2015年4月23日閲覧。
  5. ^ 産休から復帰した森三中・村上知子の笑った時の口元がセクシー ”. リアルライブ (2014年7月2日). 2015年4月23日閲覧。
  6. ^ 『コサキンの中2の放課後』(興陽館)279ページ
  7. ^ “『不機嫌な果実SP』に新キャスト 山本裕典、南沢奈央、MEGUMIが出演” . ORICON STYLE. (2016年12月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2082381/full/ 2016年12月2日閲覧。 
  8. ^ “筧美和子、佐津川愛美、岸明日香ら愛人のターゲットに ドラマ『フリンジマン』” . ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2097520/full/ 2017年9月20日閲覧。 
  9. ^ ザ・ブラックカンパニー ”. フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト). 2017年12月24日閲覧。
  10. ^ “ドラマ「やれたかも委員会」に間宮祥太朗、森川葵、杉野遥亮、小関裕太ら出演” . 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月12日). https://natalie.mu/eiga/news/277622 2018年4月12日閲覧。 
  11. ^ “おっさんずラブ:新作のタイトルは「おっさんずラブ-in the sky-」 田中圭が新人CA、吉田鋼太郎は機長に” . MANTANWEB. (2019年9月27日). https://mantan-web.jp/article/20190926dog00m200084000c.html 2019年9月30日閲覧。 
  12. ^ “「極主夫道」メインビジュアル到着、橋本じゅんやMEGUMIら新キャストも発表” . 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年9月28日). https://natalie.mu/eiga/news/398161 2020年9月28日閲覧。 
  13. ^ “香取慎吾主演「アノニマス」追加キャストに関水渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信が決定” . ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年12月12日). https://thetv.jp/news/detail/1013917/ 2020年12月12日閲覧。 
  14. ^ 映画「KABUKI DROP」 ”. 劇団EXILE松組. 2016年10月20日閲覧。
  15. ^ “サンドウィッチマンも!三浦春馬主演作、追加キャスト発表” . シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年4月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0099738 2018年4月2日閲覧。 
  16. ^ 青木崇高主演×江本純子演出で映画「幕末太陽傳」が舞台化 ”. シアターガイド (2015年7月13日). 2015年7月14日閲覧。

外部リンク





カテゴリ: グラビアアイドル | 日本のタレント | 日本の女優 | 日本の女性歌手 | 日本の司会者 | テレ朝エンジェルアイ | サンズエンタテインメント | 過去のイエローキャブ所属者 | NBCユニバーサル・ジャパンのアーティスト | 岡山県出身の人物 | 1981年生 | 存命人物




データム: 13.12.2020 10:58:09 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.