福島テレビ - jpwiki.org

福島テレビ



福島テレビ株式会社
Fukushima Television Broadcasting Co., Ltd.
2018年竣工の現社屋
種類 株式会社
略称 FTV、福テレ
本社所在地 日本
960-8508
福島県福島市御山町2番5号
設立 1962年昭和37年)6月1日
業種 情報・通信業
法人番号 1380001001504
事業内容 民間テレビジョン放送とその他関連する事業
代表者 横山淳(代表取締役社長
資本金 3億5千万円
売上高 62億8800万円(2015年度実績)
従業員数 105名(男89名、女16名)
主要株主 福島県 50.0%
フジ・メディア・ホールディングス 33.3%
福島民報社 11.0%
(2020年4月1日時点)[1]
主要子会社 福島映像企画[注釈 1]
福島テレビエンタープライズ[注釈 2]
外部リンク https://www.fukushima-tv.co.jp/
テンプレートを表示
福島テレビ
英名 Fukushima Television Broadcasting Co., Ltd.
放送対象地域 福島県
ニュース系列 FNN
番組供給系列 FNS
略称 FTV
愛称 福テレ
呼出符号 JOPX-DTV
呼出名称 ふくしまテレビ デジタルテレビジョン
開局日 1963年4月1日
本社 〒960-8508
福島県福島市御山町2-5
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 8
デジタル親局 福島(笹森山) 25ch
アナログ親局 福島(笹森山) 11ch
ガイドチャンネル 11ch
主なデジタル中継局 ほか
主なアナログ中継局 チャンネルの項を参照
公式サイト https://www.fukushima-tv.co.jp/
特記事項:
開局当初はオープンネット局だったが、1983年10月1日にFNN系列に一本化。2006年6月1日に地上デジタル放送を開始。
テンプレートを表示

福島テレビ株式会社(ふくしまテレビ、: Fukushima Television Broadcasting Co., Ltd.略称: FTV)は、福島県放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。

愛称福テレコールサインJOPX-DTV(福島 25ch)で、フジテレビ系列FNNFNS)に属している。リモコンキーIDはキー局のフジテレビ・準キー局の関西テレビなどと同じ「8」。

民間放送事業者であるが、開局の経緯から福島県が株式の半分を保有している。

目次

概要


福島テレビは、1962年昭和37年)に県と地元新聞社などが出資、設立されたテレビ局である。県域局では、いわゆる第三セクターにあたる民放局になる。

社長ポストも、初代は調停役の県から出納長だった人物が就任したほか、2代目から6代目まではすべて副知事を歴任した人物がいわゆる「天下り」で社長に就任してきた。元社長で相談役の中村啓治は産経新聞出身者であるが、現在も県関係者や県議会議員などが取締役に就いている。なお、2007年平成19年)から2016年(平成29年) まで社長を務めた糠沢修一(2016年6月から会長)は、8代目にして初めての「生え抜き」社長であった。2016年6月に9代目社長に就任した森洋一は、初のフジテレビ出身者の社長となった。

略称「FTV」は、現在のキー局であるフジテレビ(現在は「JOCX-DTV」から「CX」)が開局直後の数年間にわたり使用していた[注釈 3]。また、福井テレビは本局より後に開局したため、「FTV」を略称に用いることができず、「FTB」を使用している。

2019年平成31年)4月1日からは、愛称に「福テレ」を制定した[2]一方、1998年(平成10年)に制定された従来のロゴマークと略称ロゴは廃止されず、局名告知時に愛称とともに併記されているなど愛称制定後も継続して使用されている[注釈 4]。また、現社屋の壁面に掲げられた看板も「FTV」の略称ロゴである。制定当初の半年間は制作著作テロップや天気予報などのミニ番組の名に「FTV」「福島テレビ」の文字を残していたが、同年10月の改編時に全て「福テレ」に統一された。

台湾のテレビ局、民間全民電視公司が福島県を訪問した際、略称「FTV」が本局と同じだったことで話題となった。

福島県の民放テレビ第1局が開局するまでの経緯

福島県ではラジオ福島(RFC)が1957年(昭和32年)にテレビ予備免許(コールサインJOWR-TV)を取得するものの、1958年(昭和33年)に失効してしまった。全国的にラジオ単営局がテレビ放送も開始してラテ兼営局になる傾向(ひいてはTBSJNN)系列か日本テレビNNN)系列への加入)があり、ラジオ福島も兼営局となるところであったが、増資などの折り合いが付かずにその道が閉ざされた。

次に同名ながら全くの別会社である「株式会社福島テレビ」(ちなみに現在のFTVは俗に言う「あとかぶ」の「福島テレビ株式会社」)が1960年(昭和35年)に予備免許を取得(コールサインも現在のFTVと同じJOPX-TV)したが、1961年(昭和36年)3月1日をもって免許が失効となり、開局できずに終わった。

この度重なる開局延期劇の背景には、福島民報福島民友という地元2大新聞間の確執やその背後にある〔民報-毎日新聞-TBS〕と〔民友-読売新聞-日本テレビ〕の関係、またこれらとは別の福島市郡山市といった対立関係もあり、こうした福島県特有の事情のため調整が難航していたからである[注釈 5]。この争いに終止符を打つべく、県が自ら調整に乗り出して誕生した放送局が本局であり、1962年(昭和37年)、県および県議会がテレビ免許割当に対する競願者の間に調停に入り、県が主導した上で、福島テレビ株式会社(当社)を設立。翌年開局している。

当時、全国的に1県1局が通常で、1967年の「テレビ放送用周波数割当計画表」修正までUHF波の親局送信所使用が解禁されなかった事情があったとはいえ、広域圏の中核都府県を除く府県や隣県の電波の関係でVHF波のテレビ親局送信所設置が困難だった佐賀県[注釈 6](民放テレビ局第1局は1969年開局のUHF局サガテレビ)を除けば、民放テレビ第1局としては、最後発での開局となった。

事業所


本社・演奏所
支社

スタジオ


現在使用されているスタジオ

現社屋は、1つのスタジオから『テレポートプラス』『サタふく』『スマイルプラス』を放送。『テレポートプラス』枠外のローカルニュースは、報道局内に設けたブースから放送している。

かつて使用されていたスタジオ

FTV放送会館

第1スタジオ
制作番組専用スタジオ。1970年(昭和45年)12月に完成し、当初は「カラースタジオ」と呼称していた。2007年(平成19年)9月29日の『サタふく』からHD対応設備化。
2019年(平成31年)3月時点では、『サタふく』、『スマイルプラス』や収録番組を放送。第2スタジオ完成までは、『FTVテレポート』も放送していた。
第2スタジオ
1984年(昭和59年)2月にそれまでフィルム現像室だった場所を改装したスタジオ[5]。約12坪。『FTVテレポート』や定時ニュースなどのニューススタジオだったが、第3スタジオ(情報センター棟)完成を機に使用停止され、アナウンサー研修室として使用していた。
スポットニュースに関しては、1977年(昭和52年)4月から第2スタジオ完成まで、主調整室に隣接したアナブースにテレビカメラを設置して放送(それ以前は、顔出しなし)。

情報センター棟

第3スタジオ
1995年(平成7年)完成。当初は情報センターとして運用していたが、後にこちらを第2スタジオとしていた。2007年(平成19年)4月1日からHD対応化。2019年(平成31年)3月31日まで使用。現在も残されてはいるがスタジオとしては機能しておらず、「FTVジュニアオーケストラ」の練習などに用いられている。
FTVテレポートプラス』などのニュース専用スタジオ。

その他

郡山スタジオ
郡山支社内に有りニュース番組で郡山から伝える場合に使用されることがある。最低限の照明、カメラで顔出しブース的運用。『FTVテレポートプラス』では、支社のあるビル玄関前から中継している。

情報カメラ設置ポイント


資本構成


企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[6][7][8][9][10]

2015年3月31日 - 2016年3月31日

資本金 発行済株式総数 株主数
3億5000万円 700,000株 6
株主 株式数 比率
福島県 350,000株 50.0%
フジ・メディア・ホールディングス 233,100株 33.3%
福島民報社 077,000株 11.0%
東邦銀行 025,900株 03.7%
福島銀行 007,000株 01.0%
大東銀行 007,000株 01.0%

過去の資本構成

沿革


ネットワークの移り変わり

TBS・日本テレビクロス時代のネット編成(1971年4月)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
19:00 TBS
キックボクシング
TBS
おくさまは18歳
TBS★
笑うんだもんね!
TBS
ドキドキ博覧会
TBS
帰ってきたウルトラマン
日テレ
巨人の星
TBS
ガッツジュン
19:30 TBS
千葉周作 剣道まっしぐら
TBS
みんなで出よう55号決定版!
YTV★
全日本歌謡選手権
TBS
すし屋のケンちゃん
日テレ
紅白対抗ドレミファ大作戦
TBS
お笑い頭の体操
TBS
美しきチャレンジャー
20:00 YTV★
細うで繁盛記
TBS
TBS歌のグランプリ
日テレ
おひかえあそばせ
TBS
にらめっこ
日テレ
日本プロレス中継
日テレ
マチャアキ・前武 始まるヨ!
TBS
日曜8時、笑っていただきます
21:00 日テレ★
坊つちやん
TBS
二人の世界
日テレ
特ダネ登場!?
TBS
おかしな四つ児
日テレ★
アニメンタリー 決断
日テレ
いたずら大作戦
TBS
冠婚葬祭入門
21:30 TBS
東京築地三丁目
TBS
みかんきんかん夏みかん
ABC
負けられません!
TBS
東京警備指令 ザ・ガードマン
日テレ
焼きたてのホカホカ
TBS
東芝日曜劇場
22:00 日テレ★
うすい月曜の女シリーズ
TBS★
ナショナル劇場
水戸黄門
TBS
木下恵介・人間の歌シリーズ
22:30 TBS★
スパイのライセンス
KTV★
商魂
日テレ
ノンフィクションアワー
TBS
FBIアメリカ連邦警察

TBS・フジクロス時代のネット編成(1982年10月)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
18:00 ローカルニュース番組
FTVテレポート
フジ★
世界名作劇場
南の虹のルーシー
フジ★
さすがの猿飛
18:30 TBS
JNNニュースコープ[注釈 16]
フジ★
意地悪ばあさん
19:00 TBS
クイズ100人に聞きました
TBS
ザ・チャンス!
TBS
親子クイズ国語算数理科社会
MBS★
まんが日本昔ばなし
MBS
じゃりン子チエ
フジ
クイズ!知っテレQ
MBS
アップダウンクイズ
19:30 TBS
クイズ天国と地獄
TBS
ぴったし カン・カン
TBS
わが青春のアルカディア 無限軌道SSX
TBS
だんなさまは18歳
MBS
野生の王国
TBS
クイズダービー
TBS
人間ふしぎ不思議
20:00 TBS
ナショナル劇場
水戸黄門 第13部
TBS
女7人あつまれば
TBS
噂の刑事トミーとマツ
TBS
ああ離婚
フジ★
銭形平次
TBS
8時だョ!全員集合
TBS
Gメン'82
21:00 フジ
欽ドン!良い子悪い子普通の子
TBS
おにいちゃん
TBS
日立テレビシティ
TBS
ザ・ベストテン
TBS
欽ちゃんの週刊欽曜日
ローカル枠
うすい土曜劇場
TBS
東芝日曜劇場
22:00 フジ
夜のヒットスタジオ
KTV
暁に斬る!
MBS
はじめまして・再婚
MBS
木曜座
愛を裁けますか
TBS
金曜ドラマ
親と子の誤算
TBS★
刑事スタスキー&ハッチ
フジ
アイ・アイゲーム
22:35 KTV★
花王名人劇場
23:00 自主制作
FTVニュース
KTV
クイズDEデート
23:15 フジ
プロ野球ニュース(〜0:00)[注釈 17]

TBS・フジクロス時代のネット編成(1983年4月)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
18:00 フジ
FNNニュースレポート6:00[注釈 18]
ローカルニュース番組
FTVテレポート
フジ★
さすがの猿飛
18:30 ローカルニュース番組
FTVテレポート
TBS★
料理天国
フジ★
意地悪ばあさん
19:00 TBS
クイズ100人に聞きました
TBS
ザ・チャンス!
TBS★
ぴったし カン・カン
MBS★
まんが日本昔ばなし
フジ★
クイズ・ドレミファドン!
TBS★
西田敏行・桜田淳子のもちろん正解
MBS
アップダウンクイズ
19:30 TBS
クイズ天国と地獄
フジ
火曜ワイドスペシャル
フジ
うる星やつら
TBS
ちびっこかあちゃん
TBS
クイズダービー
フジ
世界名作劇場
アルプス物語 わたしのアンネット
20:00 TBS
ナショナル劇場
フジ
銭形平次
TBS
出逢い めぐり逢い
フジ
時代劇スペシャル
TBS
8時だョ!全員集合
フジ
オールスター家族対抗歌合戦
21:00 フジ
欽ドン!良い子悪い子普通の子
TBS
野々村病院物語II
TBS
日立テレビシティ
TBS
ザ・ベストテン
フジ
ゴールデン洋画劇場
TBS
東芝日曜劇場
22:00 フジ
夜のヒットスタジオ
KTV
大奥
MBS
(シリーズ水曜の女)
偽装結婚
TBS★
欽ちゃんの週刊欽曜日
フジ
金曜劇場
望郷・美しき妻の別れ
フジ
アイ・アイゲーム
22:30 KTV★
花王名人劇場
23:00 フジ
FNNニュースレポート23:00
KTV
クイズDEデート
23:15 フジ
プロ野球ニュース(〜0:10)[注釈 17]
23:30 フジ
FNNニュースレポート23:30

東日本大震災による番組編成

主な放送番組


自主制作番組

ミニ番組

民教協(テレビ朝日)共同制作番組

東北民放テレビ六社会

FNS系列制作の遅れネット番組

テレビ東京番販番組

その他

過去に放送された番組


自主制作番組

ミニ番組

枠のみ制作(あとは番販・ネット)

なお、23時からの最終版ニュースは、JNN/FNSクロスネット時代は本来JNN系列協定に沿って『JNNニュースデスク』を配信すべきだがネットせず、自社制作ローカルニュースを放送していた(当初は『民報ニュース』と『民友ニュース』を交互 → 後に『FTVニュース』)。

過去にネットされていた他系列番組

TBS系番組(日本テレビ系時代を含む)

※ ◎ → 同時ネット ★ → テレビユー福島に移行した番組

日本テレビ系番組

※ ◎ → 同時ネット ★ → 福島中央テレビに移行した番組

テレビ朝日系番組

※ ◎ → 同時ネット ▲ → 福島中央テレビ開局後に放送された番組 ★ → 福島中央テレビに移行した番組

民教協(テレビ朝日)共同制作番組

テレビ東京系番組

うすい土曜劇場で放送した作品

参照:FTV 1983, pp. 254-275

その他の局の番組

過去にネットされたFNS系列制作の遅れネット番組

旧ロゴ時代にネットされていたフジテレビ系の番組

※ ◎ → 同時ネット ★ → TBS系時代からのネット。☆ → フジ系移行後にネット開始。◇ → 現ロゴになってからネット。

アナウンサー


●はアナウンス責任者経験者。

契約

異動したアナウンサー

退職したアナウンサー

男性

系列局からの出向

女性

契約

チャンネル


デジタル放送

キー局のフジテレビ・準キー局の関西テレビ・系列局の沖縄テレビが3局揃ってアナログ親局が8chだったために、「1」の東海テレビ・「3」のサガテレビ以外のFNN・FNSフルネット24局で共通。また、本局のいわき平アナログ中継局も8chであった。

親局

中継局

アナログ放送

※ 東日本大震災による岩手県・宮城県・福島県のアナログ放送終了延期に伴い、2012年(平成24年)3月31日まで継続していた。

親局

準親局

中継局

イメージキャラクター


キャッチフレーズ


※基本はキー局と同じキャッチフレーズである(「ルール」など)

イベントなど


脚注


[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 番組・CM制作、照明音響イベント企画・運営
  2. ^ FTVカルチャーセンター・FTVフラワーセンター・福島テレビハウジングプラザ運営、イベント企画運営、貸しビル業、人材派遣業保険代理業
  3. ^ 朝日放送社史「ABC十年」、毎日放送社史「毎日放送五十年史」による
  4. ^ フジニュースネットワークの公式ウェブサイト「FNNプライムオンライン」やYahoo!ニュースYahoo! JAPAN)では、従来の「FTV」のロゴマークが使用されている[3][4]
  5. ^ このことはFM放送割り当てから10年以上経て開局したエフエム福島にも及んでいる。エフエム福島の割り当てはエフエムラジオ新潟を含めTV4局目の割り当て条件と新潟県と同一である。
  6. ^ 福島県と佐賀県にはラテ兼営局がないという共通点がある。
  7. ^ ホテルハマツの隣に福島テレビ郡山支社の入居するビルがある
  8. ^ 福島テレビ 専務取締役
  9. ^ 福島テレビ 取締役副社長
  10. ^ 福島テレビ 非常勤取締役
  11. ^ フジテレビジョン 常務取締役
  12. ^ 福島テレビ 監査役
  13. ^ この主調整室の設備は、音声多重放送対応への設備改良を経て、1990年(平成2年)2月28日まで使用された。
  14. ^ ただし、特殊なデザインであるため、形式上使いにくい場合などには簡素系のロゴマークが使用される。旧ロゴは1998年(平成10年)末まで現ロゴと並行使用された上で段階的に移行した。一部の送信所や支社、福島テレビの子会社が運営するカルチャースクール「FTV学苑」のロゴマークも旧ロゴのままであった。
  15. ^ 当初は2011年(平成23年)7月24日停波予定だったが、東日本大震災に伴い中止、特例法により同日に延期。
  16. ^ 日曜日は、17時30分(JST)に放送。
  17. ^ a b 土曜・日曜は23時40分 - 0時25分(JST)から。
  18. ^ 土曜日・日曜日は、『FNNニュースレポート5:30』として放送。
  19. ^ かつて東海テレビ放送で放送されていた情報番組『スタイルプラス』とは別番組で無関係。
  20. ^ VS → VSRFまで未ネット。
  21. ^ 春と秋の福島競馬開催時は『エキサイティング競馬』を放送するため、放送しない。また、他のスポーツ中継などで放送されない週が稀にある。
  22. ^ はまつアワー枠で放送されていた時期がある。
  23. ^ 1994年5月から1996年3月までは、火曜10時(はまつアワー枠)。1996年4月から1997年3月30日までは、日曜10時55分 - 11時50分。1997年4月6日 - 9月28日までは、日曜13時00分 - 13時55分。1997年10月5日からは現在の時間帯に移動(途中で5分放送時間拡大あり)。
  24. ^ 第1期・2期は未ネット。
  25. ^ 2013年3月30日に福島放送で打ち切られ、翌週の4月7日に福島テレビに移動。
  26. ^ 地元有力スポンサーによるローカル番組だったため、『HEY!HEY!HEY!SPECIAL』があっても多くの場合休止せず、『HEY!HEY!HEY!』側が1時間枠となる場合が多かったが、2006年(平成18年)以降はこの番組が休止になることが増えた。
  27. ^ 『復興支援シリーズ番組 いっしょに歩こう!ふくしま』を放送する週は『ウチくる!?』は休止となっていた。
  28. ^ 2012年4月から12月まで毎月最終月曜19時00分 - 19時54分。また19時30分 - 19時54分の30分版の場合もあった。30分版の場合は19時00分 - 19時30分は『FTVスーパーニュースSP』(FTVスーパーニュースの拡大版)が放送された。2012年12月までは放送日の『ネプリーグ』は土曜 16時30分 - 17時25分に放送。『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP SPECIAL』や『ネプリーグSP』などがあった場合、『HEY!HEY!HEY!』や『ネプリーグ』側が1時間枠となっていた。2013年1月から2014年4月までは毎月最終土曜10時30分 - 11時00分、2014年6月から2016年3月までは不定期で最終土曜10時30分 - 11時00分に放送されていた。
  29. ^ FNN移行後(1983年(昭和58年)4月以降)は、当時『3分クッキング』をネットしていた枠(月 - 金曜 11時30分 - 11時40分)でフジテレビ発の昼ニュースをネットすることになった関係から月 - 金曜 14時30分 - 14時40分に時差ネット。また、番組テキストが季刊であることなどの関係からテレビユー福島へのネット移行が1か月遅れた。
  30. ^ フジテレビ制作の第6戦も福島テレビで放送
  31. ^ 2012年5月9日から8月8日まで一時ネット打ち切りしていた。
  32. ^ 第1部は未ネット。
  33. ^ 第2部は未ネット。
  34. ^ 1週間に2回放送。計5回分のみ放送。
  35. ^ 2016年4月10日から同年9月17日までは同時ネット。
  36. ^ 2011年9月 - 2012年3月まで圭三プロダクション所属フリーアナウンサー。
  37. ^ 当時の系列キー局だったTBSのものを流用
  38. ^ a b c フジテレビのものを流用

出典

  1. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 地上系放送事業者 ”. 総務省電波利用ホームページ. 2020年6月22日閲覧。
  2. ^ a b 福島テレビ(福テレ)【公式】による2019年4月1日の発言
  3. ^ 福島テレビ ”. FNNプライムオンライン. 2020年5月4日閲覧。
  4. ^ 福島テレビの記事一覧 ”. Yahoo!ニュース. 2020年5月4日閲覧。
  5. ^ 『福島テレビ30年史』109頁. 福島テレビ30年史編集委員会. (1993年6月) 
  6. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、253頁。
  7. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、260頁。
  8. ^ 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、143頁。
  9. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、211頁。
  10. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、217-218頁。
  11. ^ 福島テレビ30年史 p144
  12. ^ 福島民友』1966年9月29日付朝刊、7面。
  13. ^ 『福島民友』1967年4月5日付夕刊、3面。
  14. ^ 福島テレビ30年史 p51
  15. ^ 『福島テレビ30年史』27頁. 福島テレビ30年史編集委員会. (1993年6月) 
  16. ^ 福島テレビ30年史 p75
  17. ^ 福島テレビ30年史 p112
  18. ^ 福島テレビ30年史 p19
  19. ^ 福島テレビ30年史 p21
  20. ^ “福島テレビ/新社屋建設(福島市)/設計は三菱地所設計に” . 日刊建設工業新聞. (2015年3月18日). http://www.decn.co.jp/?p=25276.html 
  21. ^ “円滑で事故のない放送を祈願 新社屋からの放送開始を前に” . FNNプライムオンライン. (2019年3月28日). オリジナル の2020年5月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190407152427/https://www.fnn.jp/posts/00072424FTV 
  22. ^ 『福島テレビ30年史』 福島テレビ、1993年、41頁。 
  23. ^ 福島テレビ30年史 p150
  24. ^ FTV 1983, pp. 133.
  25. ^ FTV 1983, pp. 252-275.
  26. ^ FTV 1983, pp. 250-275.
  27. ^ FTV 1983, pp. 29,253-275.
  28. ^ a b c FTV 1983, pp. 261-275.
  29. ^ FTV 1983, pp. 236-268.
  30. ^ 『福島民報』1983年9月25日付朝刊、テレビ欄。
  31. ^ FTV 1983, p. 241.
  32. ^ 『福島民報』1977年7月3日付朝刊、テレビ欄。
  33. ^ a b FTV 1983, pp. 266-275.
  34. ^ FTV 1983, pp. 27,250-271.
  35. ^ FTV 1983, p. 272.
  36. ^ FTV 1983, p. 230.
  37. ^ a b c d FTV 1983, pp. 236-275.
  38. ^ 『福島民報』1983年9月23日付朝刊、テレビ欄。
  39. ^ FTV 1983, p. 239.
  40. ^ FTV 1983, pp. 240-245.
  41. ^ FTV 1983, pp. 246-275.
  42. ^ 『福島民報』1983年9月28日付朝刊、テレビ欄。
  43. ^ FTV 1983, pp. 248-267.
  44. ^ FTV 1983, pp. 268-275.
  45. ^ 『福島民報』1983年9月26日付朝刊、テレビ欄。
  46. ^ 『福島民報』1970年3月30日付朝刊、テレビ欄。
  47. ^ FTV 1983, pp. 250-269.
  48. ^ a b FTV 1983, pp. 270-275.
  49. ^ 『福島民報』1983年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  50. ^ 『福島民報』1983年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  51. ^ 『福島民報』1970年10月4日、1983年9月25日付朝刊、テレビ欄。
  52. ^ FTV 1983, p. 13.
  53. ^ FTV 1983, p. 31.
  54. ^ 『福島民報』1983年9月23日付朝刊、テレビ欄。
  55. ^ a b FTV 1983, pp. 260-275.
  56. ^ 『福島民報』1983年9月25日付朝刊、テレビ欄。
  57. ^ FTV 1983, pp. 271-275.
  58. ^ 『福島民報』1983年9月26日付朝刊、テレビ欄。
  59. ^ FTV 1983, pp. 265-275.
  60. ^ 『福島民報』1983年9月27日付朝刊、テレビ欄。
  61. ^ 『福島民報』1973年10月27日付朝刊、テレビ欄。
  62. ^ FTV 1983, p. 258.
  63. ^ FTV 1983, pp. 259-273.
  64. ^ FTV 1983, p. 259.
  65. ^ 『福島民報』1983年4月3日付朝刊、テレビ欄。
  66. ^ 『福島民報』1983年3月18日付朝刊、テレビ欄。
  67. ^ 『福島民報』1983年9月29日付朝刊、テレビ欄。
  68. ^ 『福島民報』1983年4月2日、9月23日付朝刊、テレビ欄。
  69. ^ 『福島民報』1965年1月31日付朝刊、テレビ欄。
  70. ^ FTV 1983, pp. 240-257.
  71. ^ 『福島民報』1965年1月6日、1月27日付朝刊、テレビ欄。
  72. ^ 『福島民報』1967年9月13日、1968年3月8日付朝刊、テレビ欄。
  73. ^ FTV 1983, pp. 242-256.
  74. ^ 『福島民報』1963年4月1日付朝刊、テレビ欄。
  75. ^ 『福島民報』1964年4月7日、1965年1月26日付朝刊、テレビ欄。
  76. ^ 『福島民報』1965年2月5日付朝刊、テレビ欄。
  77. ^ FTV 1983, p. 17.
  78. ^ 『福島民報』1973年6月10日付朝刊、テレビ欄。
  79. ^ a b FTV 1983, pp. 257-275.
  80. ^ 『福島民報』1983年9月25日付朝刊、テレビ欄。
  81. ^ a b c d FTV 1993, pp. 147.
  82. ^ FTV 1983, pp. 247-275.
  83. ^ 『福島民報』1983年10月4日付朝刊、テレビ欄。
  84. ^ FTV 1983, pp. 248-275.
  85. ^ FTV 1983, pp. 244-247.
  86. ^ 『福島民報』1983年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  87. ^ a b c d e f g FTV 1983, p. 252.
  88. ^ 『福島民報』1983年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  89. ^ FTV 1983, p. 262.
  90. ^ 『福島民報』1983年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  91. ^ FTV 1983, pp. 239-268.
  92. ^ a b c FTV 1983, p. 244.
  93. ^ a b FTV 1983, pp. 244-252.
  94. ^ a b c FTV 1983, pp. 253-275.
  95. ^ 『福島民報』1983年9月26日付朝刊、テレビ欄。
  96. ^ 『福島民報』1983年10月15日付朝刊、テレビ欄。
  97. ^ 『福島民報』1983年3月29日付朝刊、テレビ欄。
  98. ^ 『福島民報』1983年9月27日付朝刊、テレビ欄。
  99. ^ 『福島民報』1983年10月16日付朝刊、テレビ欄。
  100. ^ 『福島民報』1983年3月30日付朝刊、テレビ欄。
  101. ^ 『福島民報』1966年3月2日付朝刊、テレビ欄。
  102. ^ FTV 1983, pp. 242-274.
  103. ^ 『福島民報』1965年5月1日、8月28日付朝刊、テレビ欄。
  104. ^ FTV 1983, pp. 240-274.
  105. ^ a b c FTV 1983, p. 275.
  106. ^ 『福島民報』1983年9月29日付朝刊、テレビ欄。
  107. ^ 『福島民報』1964年9月12日付朝刊、テレビ欄。
  108. ^ 『福島民報』1983年9月29日付朝刊、テレビ欄。
  109. ^ 『福島民報』1983年10月16日付朝刊、テレビ欄。
  110. ^ FTV 1983, pp. 245-258.
  111. ^ 『福島民報』1965年11月15日、1966年3月28日付朝刊、テレビ欄。
  112. ^ a b c FTV 1983, p. 242.
  113. ^ FTV 1983, pp. 242-244.
  114. ^ FTV 1983, pp. 250-263.
  115. ^ 『福島民報』1983年9月29日付朝刊、テレビ欄。
  116. ^ FTV 1983, pp. 239-274.
  117. ^ FTV 1983, pp. 254-275.
  118. ^ 『福島民報』1983年5月14日付朝刊、テレビ欄。
  119. ^ FTV 1983, pp. 260-270.
  120. ^ 『福島民報』1970年4月6日付朝刊、テレビ欄。
  121. ^ FTV 1983, pp. 250-273.
  122. ^ 『福島民報』1963年12月2日付朝刊、テレビ欄。
  123. ^ 『福島民報』1965年1月18日付朝刊、テレビ欄。
  124. ^ 『福島民報』1965年5月7日付朝刊、テレビ欄。
  125. ^ 『福島民報』1967年4月7日付朝刊、テレビ欄。
  126. ^ FTV 1983, pp. 242-246,252-259,268-271.
  127. ^ 『福島民報』1971年10月4日、1972年6月30日付朝刊、テレビ欄。
  128. ^ 『福島民報』1967年11月7日付朝刊、テレビ欄。
  129. ^ a b c d FTV 1983, p. 253.
  130. ^ a b FTV 1983, p. 247.
  131. ^ FTV 1983, pp. 251-254,257-258.
  132. ^ FTV 1983, p. 251.
  133. ^ a b c FTV 1983, p. 254.
  134. ^ 『福島民報』1972年7月2日、9月24日付朝刊、テレビ欄。
  135. ^ a b c FTV 1983, p. 255.
  136. ^ FTV 1983, p. 255-256.
  137. ^ FTV 1983, pp. 256-258.
  138. ^ FTV 1983, pp. 258-259.
  139. ^ FTV 1983, pp. 259 - 260.
  140. ^ 『福島民報』1975年10月7日付朝刊、テレビ欄。
  141. ^ FTV 1983, pp. 262 - 264.
  142. ^ a b c FTV 1983, pp. 262-275.
  143. ^ 『福島民報』1983年9月29日付朝刊、テレビ欄。
  144. ^ FTV 1983, pp. 263-265.
  145. ^ FTV 1983, pp. 266-267.
  146. ^ FTV 1983, pp. 262-265.
  147. ^ FTV 1983, pp. 266-268.
  148. ^ a b FTV 1983, pp. 272-273.
  149. ^ a b c d FTV 1983, pp. 274-275.
  150. ^ 『福島テレビ30年史』 福島テレビ、1993年、99頁。 
  151. ^ 『福島民報』1982年10月3日 - 1985年4月27日付朝刊、テレビ欄。
  152. ^ 『福島民報』1987年9月16日 - 1988年3月28日付朝刊、テレビ欄。
  153. ^ a b FTV 1983, pp. 236-252.
  154. ^ FTV 1983, pp. 237-252.
  155. ^ FTV 1983, pp. 244-251.
  156. ^ 『福島民報』1969年4月5日 - 1971年9月26日付朝刊、テレビ欄。
  157. ^ 『福島民報』1972年4月2日付朝刊、テレビ欄。
  158. ^ a b FTV 1983, pp. 250-251.
  159. ^ FTV 1983, pp. 249-252.
  160. ^ FTV 1983, pp. 250-252.
  161. ^ a b FTV 1983, pp. 236-243.
  162. ^ a b FTV 1983, p. 243.
  163. ^ 『福島民報』1967年1月7日、2月11日付朝刊、テレビ欄。
  164. ^ a b c FTV 1983, p. 245.
  165. ^ a b FTV 1983, p. 250.
  166. ^ FTV 1983, pp. 249-253.
  167. ^ FTV 1983, pp. 245-247.
  168. ^ a b FTV 1983, p. 248.
  169. ^ FTV 1983, p. 16.26.
  170. ^ a b FTV 1983, pp. 242-249.
  171. ^ FTV 1983, pp. 246-249.
  172. ^ FTV 1983, pp. 22.26.
  173. ^ 『福島民報』1965年11月21日付朝刊、テレビ欄。
  174. ^ 『福島民報』1970年3月29日付朝刊、テレビ欄。
  175. ^ 『福島民報』1966年6月5日付朝刊、テレビ欄。
  176. ^ FTV 1983, pp. 244-245.
  177. ^ 『福島民報』1968年1月28日付朝刊、テレビ欄。
  178. ^ 『福島民報』1968年2月4日付朝刊、テレビ欄。
  179. ^ 『福島民報』1968年10月6日付朝刊、テレビ欄。
  180. ^ 『福島民報』1969年2月23日付朝刊、テレビ欄。
  181. ^ 『福島民報』1969年3月2日付朝刊、テレビ欄。
  182. ^ a b FTV 1983, p. 249.
  183. ^ 『福島民報』1970年3月29日付朝刊、テレビ欄。
  184. ^ FTV 1983, p. 19.
  185. ^ a b FTV 1983, pp. 241-242.
  186. ^ 『福島民報』1965年5月13日付朝刊、テレビ欄。
  187. ^ FTV 1983, pp. 239-240.
  188. ^ FTV 1983, pp. 242-243.
  189. ^ 『福島民報』1967年3月20日、4月24日付朝刊、テレビ欄。
  190. ^ 『福島民報』1968年3月2日、1969年2月22日付朝刊、テレビ欄。
  191. ^ 『福島民報』1968年10月6日、1969年3月30日付朝刊、テレビ欄。
  192. ^ 『福島民報』1969年5月15日付朝刊、テレビ欄。
  193. ^ 『福島民報』1969年6月29日 - 12月21日付朝刊、テレビ欄。
  194. ^ 『福島民報』1969年10月8日 - 12月17日付朝刊、テレビ欄。
  195. ^ FTV 1983, pp. 255-259.
  196. ^ FTV 1983, pp. 260-263.
  197. ^ FTV 1983, pp. 264-269.
  198. ^ FTV 1983, pp. 271-272.
  199. ^ FTV 1983, pp. 264-266.
  200. ^ FTV 1983, p. 260.
  201. ^ 『福島民報』1980年2月15日 - 8月25日付朝刊、テレビ欄。
  202. ^ 『福島民報』1978年6月8日 - 8月22日付朝刊、テレビ欄。
  203. ^ 『福島民報』1977年12月12日 - 1978年1月20日付朝刊、テレビ欄。
  204. ^ 『福島民報』1978年8月23日 - 10月3日付朝刊、テレビ欄。
  205. ^ FTV 1983, p. 47.
  206. ^ a b FTV 1983, pp. 252-253.
  207. ^ a b FTV 1983, pp. 253-254.
  208. ^ 『福島民報』1973年1月10日付朝刊、テレビ欄。
  209. ^ FTV 1983, pp. 255-257.
  210. ^ FTV 1983, pp. 260-262.
  211. ^ FTV 1983, pp. 273-275.
  212. ^ 『福島民報』1978年8月15日 - 12月8日付朝刊、テレビ欄。
  213. ^ FTV 1983, pp. 272.274.
  214. ^ 『福島民報』1983年4月12日付朝刊、テレビ欄。
  215. ^ 『福島民報』1983年9月27日付朝刊、テレビ欄。
  216. ^ 『福島民報』1983年10月4日付朝刊、テレビ欄。
  217. ^ 『福島民報』1983年3月28日付朝刊、テレビ欄。
  218. ^ 『福島民報』1983年4月4日付朝刊、テレビ欄。
  219. ^ 『福島民報』1983年5月9日付朝刊、テレビ欄。
  220. ^ 『福島民報』1983年8月29日付朝刊、テレビ欄。
  221. ^ 『福島民報』1983年12月8日付朝刊、テレビ欄。
  222. ^ 志村座以降は同時ネット。
  223. ^ FTV 1983, p. 21.
  224. ^ 『福島民報』1970年3月30日付朝刊、テレビ欄。
  225. ^ FTV 1983, pp. 253-271.
  226. ^ a b c FTV 1983, pp. 272-275.
  227. ^ 『福島民報』1983年4月13日付朝刊、テレビ欄。
  228. ^ 『福島民報』1963年12月1日付朝刊、テレビ欄。
  229. ^ FTV 1983, pp. 238-240.
  230. ^ FTV 1983, pp. 241-243.
  231. ^ a b FTV 1983, pp. 241-245.
  232. ^ FTV 1983, pp. 243-246.
  233. ^ FTV 1983, p. 246.
  234. ^ FTV 1983, pp. 247-249.
  235. ^ 『福島民報』1983年10月2日付朝刊、テレビ欄。
  236. ^ FTV 1983, pp. 256-263.
  237. ^ FTV 1983, pp. 264-275.
  238. ^ 『福島民報』1983年9月25日付朝刊、テレビ欄。
  239. ^ 『福島民報』1983年10月2日付朝刊、テレビ欄。
  240. ^ 『福島民報』1973年1月14日付朝刊、テレビ欄。
  241. ^ FTV 1983, pp. 256-275.
  242. ^ 『福島民報』1983年3月26日付朝刊、テレビ欄。
  243. ^ 『福島民報』1983年4月3日付朝刊、テレビ欄。
  244. ^ FTV 1983, pp. 254-255.
  245. ^ FTV 1983, pp. 256-269.
  246. ^ FTV 1983, pp. 259-261.
  247. ^ 『福島民報』1983年3月27日付朝刊、テレビ欄。
  248. ^ 『福島民報』1983年4月2日付朝刊、テレビ欄。
  249. ^ 『福島民報』1983年3月23日、1983年4月6日付朝刊、テレビ欄。
  250. ^ FTV 1983, p. 261.
  251. ^ FTV 1983, pp. 268-269.
  252. ^ a b FTV 1983, pp. 270-271.
  253. ^ FTV 1983, p. 267.
  254. ^ 『福島民報』1983年3月24日付朝刊、テレビ欄。
  255. ^ 『福島民報』1983年4月14日、9月29日付朝刊、テレビ欄。
  256. ^ 『福島民報』1977年4月3日、1978年11月5日付朝刊、テレビ欄。
  257. ^ FTV 1983, p. 29.
  258. ^ FTV 1983, pp. 253-256.
  259. ^ FTV 1983, pp. 257-268.
  260. ^ 『福島民報』1983年4月3日付朝刊、テレビ欄。
  261. ^ FTV 1983, p. 49.
  262. ^ 『福島民報』1983年10月4日付朝刊、テレビ欄。
  263. ^ 『福島民報』1983年10月3日付朝刊、テレビ欄。
  264. ^ FTV 1993, pp. 146-147.
  265. ^ 『週刊競馬ブック』2013年2月9日・10日号 p90 「こちらラジオNIKKEI実況席」での渡辺和昭のコラムによる。
  266. ^ 『福島民報』1972年12月24日付朝刊12面、福島テレビ全面広告。
  267. ^ 『福島民報』1973年4月1日付朝刊10 - 11面、福島テレビ開局10周年記事。
  268. ^ 『福島民報』1981年9月28日付朝刊6 - 7面、福島テレビ両面広告。
  269. ^ 『福島民報』1983年4月1日付朝刊14面、福島テレビ全面広告。
  270. ^ 『福島民報』1990年4月1日朝刊11面、全面広告。
  271. ^ 『福島民報』1997年1月1日付朝刊112面、福島テレビ全面広告。

社史・記念誌


外部リンク





カテゴリ: 福島テレビ | 日本民間放送連盟会員 | 福島市の企業 | 1962年設立のテレビ局 | 福島民報社 | 東北地方のテレビ局 | 福島県のマスメディア | 日本の地方公企業




データム: 12.12.2020 11:06:46 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.