皆藤愛子 - jpwiki.org

皆藤愛子



かいとう あいこ
皆藤 愛子
プロフィール
愛称 愛ちゃん
出身地 日本 千葉県四街道市
生年月日 1984年1月25日(36歳)
血液型 B型
最終学歴 早稲田大学第一文学部
所属事務所 セント・フォース
活動期間 2004年 - 現在
ジャンル 情報・バラエティ
公式サイト セント・フォース
出演番組・活動
出演中 下記参照
出演経歴めざましテレビ
めざましどようび
めざましテレビ アクア
その他 CM花王エッセンシャル
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

皆藤 愛子[1](かいとう あいこ、1984年1月25日 - )は、日本の女性キャスタータレント身長158cm。血液型B型セント・フォース所属。愛称「愛ちゃん」

目次

略歴


栃木県生まれ、千葉県四街道市育ち。四街道市立四和小学校卒業。幼い頃からアナウンサーに憧れ、小学校時代は放送委員会に所属。

渋谷教育学園幕張中学校・高等学校卒業。高校2年の時には、ニュージーランドタマテア・ハイスクール英語版に10ヶ月間留学[2]

代々木ゼミナール津田沼校出身で、早稲田大学第一文学部へ入学。

2004年、アナウンサーの勉強をしている際に、知り合った友人の紹介でセント・フォースに所属。

2005年4月1日からフジテレビ情報番組めざましテレビ』の4代目お天気キャスターを務める。

東京アナウンスセミナー出身で、2006年度(6期)生。

2007年3月、早稲田大学第一文学部卒業。

2007年7月5日、オリコンの「好きなお天気キャスター・気象予報士」ランキングで3回連続総合2位獲得(女性では3回連続1位)。2008年6月26日発表分では総合1位を獲得(女性/男性が選ぶ部門でそれぞれ1位)。

2009年3月30日、『めざましテレビ』においてお天気キャスターから情報キャスター(エンタメ)に担当変更。

2009年12月4日、オリコンの「好きな女子アナ」ランキングで3位を獲得。これによりオリコン「好きな女子アナ」「好きなお天気キャスター・気象予報士」の2つにランクインしたのは史上初。現在でも皆藤愛子のみ。

2010年10月10日からラジオ番組皆藤愛子 あいラジ』(ニッポン放送)で初のレギュラーパーソナリティを務める[3]

2011年4月2日、『めざましどようび』のメインキャスターを担当。これに伴い『めざましテレビ』の情報キャスター(エンタメ)も(月曜日-水曜日担当)に変更し兼任。

2013年2月11日(10日深夜)、NHKの生放送番組『双方向クイズ 天下統一』においてMCを務める。初のフジテレビ以外のテレビ局出演となった。その後は『永沢君』(TBS)、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ、2013年7月18日放送分ゲスト)と他系列局番組出演が解禁される。

2014年3月31日、『めざましアクア』のメインキャスター(月曜日-火曜日)を担当。

2014年9月29日、『めざましアクア』のメインキャスター(月曜日-水曜日)に担当変更。

2015年1月10日、『FOOT×BRAIN』のMCに就任。

2015年3月25日、『めざましテレビ アクア』降板をもって、10年間出演してきためざましファミリーを卒業。

2015年4月4日、『週刊報道 Bizストリート』メインキャスターに就任し、2年間出演。

2018年4月1日、同じ事務所の伊藤綾子の引退による降板を受けて、『YKK AP presents 皆藤愛子の窓café 〜窓辺でcafé time〜』のパーソナリティを務める。

2020年1月11日より高見侑里の後を受けて日本BS放送【BS11】の競馬中継である『BSイレブン競馬中継 SATURDAY』の司会者として登板する[4]

人物


現在の出演番組


テレビ

ラジオ

過去の出演番組


テレビ

テレビ局未表記の番組はフジテレビ系列

レギュラー番組

ドラマ

ラジオ

映画


CM


広告


CD・DVD・PV


CD

DVD

PV

書籍


写真集
カレンダー
皆藤をはじめ、杉崎美香潮田玲子長野美郷山岸舞彩高見侑里谷中麻里衣のラインナップ。
皆藤をはじめ、小林麻央長野美郷杉崎美香高樹千佳子高見侑里中田有紀八田亜矢子松本あゆ美のラインナップ。

ゲーム・アプリ


その他


脚注


[脚注の使い方]
  1. ^ 一部のプロフィールが「皆(たけかんむり)」となっているが、「皆(くさかんむり)」が正しい。
  2. ^ a b "[1]". アナザースカイ. 日本テレビ. 2014年2月21日放送.
  3. ^ a b 皆藤愛子の「あいラジ」初挑戦のラジオ司会 - サンケイスポーツ 2010年9月10日 [リンク切れ]
  4. ^ "皆藤愛子が競馬中継MCに挑戦 昨年観戦デビューの初心者です" . 中日スポーツ. 中日新聞社. 5 January 2020. 2020年1月5日時点のオリジナル よりアーカイブ。2020年1月5日閲覧
  5. ^ 皆藤愛子、ポリープ手術から元気に“復帰”「ご迷惑をおかけました」 - オリコンスタイル 2010年1月12日
  6. ^ スポーツ報知「皆藤愛子が「FOOT×BRAIN」卒業「この3年半は本当に楽しかった」 」『報知新聞社』。2018年7月29日閲覧。
  7. ^ 皆藤愛子、嵐やバナナマンおさえて1位に! 1月のテレビCM好感度ランキング
  8. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「フリー女子アナ 恋する!?ベビースターラーメン - スポニチ Sponichi Annex 芸能 」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年5月25日閲覧。

関連項目


外部リンク





カテゴリ: セント・フォース | フリーアナウンサー | 気象キャスター | 日本のタレント | 日本の女優 | 日本の司会者 | 日本のラジオパーソナリティ | 競馬アナウンサー | 東京アナウンスセミナー出身者 | めざましシリーズ関係者 | 早稲田大学出身の人物 | 千葉県出身の人物 | 1984年生 | 存命人物




データム: 13.12.2020 08:39:19 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.