東海テレビ放送 - jpwiki.org

東海テレビ放送



東海テレビ放送株式会社[1]
Tokai Television Broadcasting Co., Ltd.
東海テレビと東海ラジオが入る東海放送会館
種類 株式会社
略称 東海テレビ、THK、東海
本社所在地 日本
461-8501[1]
愛知県名古屋市東区東桜
1丁目14番27号[1]
設立 1958年(昭和33年)2月1日[1]
業種 情報・通信業
法人番号 9180001017538
事業内容 放送法に基づくテレビジョン放送事業他
代表者 代表取締役会長 内田優
代表取締役社長 小島浩資
資本金 10億円(2020年4月1日現在)[1]
売上高 328億7千599万円(2010年3月期)
営業利益 23億7千255万円(2010年3月期)
純利益 14億6千049万円(2010年3月期)
純資産 556億683万円
(2010年3月31日時点)
総資産 639億6千392万円
(2010年3月31日時点)
従業員数 351人(2020年4月1日現在)[1]
決算期 3月
主要株主 東海ラジオ放送 49.8%
愛知県 7.5%
名古屋鉄道 6.3%
中日新聞社 5.4%
トヨタ自動車 2.8%
フジ・メディア・ホールディングス 2.1%
主要子会社 株式会社東海放送会館
東海テレビ事業株式会社
株式会社東海テレビプロダクション
株式会社ユニモール
[1]
外部リンク https://www.tokai-tv.com/
特記事項:
現在の新社屋は2003年4月竣工。
旧社屋1階部分は2007年2月にIDC大塚家具名古屋栄ショールームが入居
  • 関連団体
    社会福祉法人東海テレビ福祉文化事業団
    財団法人東海テレビ国際基金
テンプレートを表示
東海テレビ
英名 Tokai Television
Broadcasting Co., Ltd.
放送対象地域 中京広域圏
ニュース系列 FNN
番組供給系列 FNS
略称 THK、FX
愛称 東海テレビ
呼出符号 JOFX-DTV
呼出名称 とうかい
テレビほうそう
デジタル
テレビジョン
開局日 1958年12月25日
本社 〒461-8501[1]
愛知県名古屋市東区
東桜1丁目14番27号[1]
北緯35度10分16.58秒
東経136度54分49.55秒
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 1
デジタル親局 名古屋 21ch
アナログ親局 名古屋 1ch
ガイドチャンネル 1ch
主なデジタル中継局 #デジタル放送参照
主なアナログ中継局 #アナログ放送参照
公式サイト https://www.tokai-tv.com/
特記事項:
テレビ単営局でリモコンキーIDに「1」を使用するのは当局と日本海テレビジョン放送のみ。
テンプレートを表示

東海テレビ放送株式会社(とうかいテレビほうそう、Tokai Television Broadcasting Co., Ltd.)は、中京広域圏放送対象地域とするテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。

通称は東海テレビFNNFNSに加盟するフジテレビ系列局。

名古屋親局のコールサインJOFX-DTV物理チャンネル21chフジテレビと同じだがリモコンキーIDはフジテレビ系列で唯一の「1」。

目次

事業所


出典[1]

資本構成


企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[2][3][4][5][6]

概要

東海ラジオ放送とは、もともと親会社(=東海ラジオ)・子会社(=東海テレビ)という関係であった。同じ社屋を1961年9月1日から供用していたほか、番組審議委員会などを共有していた。現在でも引き続き社屋(東海放送会館)の一部共用や報道部門の一部連携(東海ラジオ用のニューススタジオは東海テレビ報道デスク内に設けられている)など関係が続いている。 中部日本放送CBCテレビ)とともに、中京テレビ(CTV)の開局に携った。同社初代社長を務めた佐藤信之助は東海テレビの出身。

2005年3月2日、他の放送局の株式を第三者名義でマスメディア集中排除原則の制限を超えて所有するという違反行為を、三重テレビなど複数の放送局に対して行っていたため、重い行政処分である総務大臣名による警告を受けた。なお、石川テレビ (23.45%) ・富山テレビ (21.0%) については、隣接区域への出資比率規制緩和(1/5 → 1/3)により解消されている[7]

従来親会社であった東海ラジオ放送株式会社は、2005年5月31日に株式の一部を中日新聞社に売却した。この結果、議決権が50%以下となったため、親会社ではなく関連会社となっている。

2015年3月31日 - 2016年3月31日
資本金 発行済株式総数 株主数
10億円 2百万株 230
株主 株式数 比率
東海ラジオ放送 99万5千株 49.75%
愛知県 15万株 07.50%
名古屋鉄道 12万5千755株 06.28%
中日新聞社 10万7千699株 05.38%
フジ・メディア・ホールディングス 06万6千666株 03.33%
トヨタ自動車 05万5千000株 02.75%
三菱東京UFJ銀行 03万7千500株 01.87%

過去の資本構成

特色


局名

同局の英略称は本社社屋のビル名である「東海放送会館」を略したTHKTokai Hoso Kaikan)[注 1]であるが、使用されることはほとんどなく、通常は東海テレビと社名で呼ばれる。アナログ放送が1chでデジタル放送のリモコンキーIDも「1」なので、当局のエリアである東海3県では「1チャンネル」と呼ばれたりもする。(他局も2.3.4.5.6.10のチャンネル番号で言われることが多い)

技術

2009年7月より昼帯のバラエティ番組の再放送または中日ドラゴンズ戦中継があった週の時差ネットに関しては、アナログ放送でも上下に黒帯を付加してのアスペクト比16:9のレターボックスでの放送になった。

フジテレビTBSは古くから深夜アニメにも字幕放送を実施しているが、東海地区ではCBCのみが字幕放送を行っていた。東海テレビはかつては自社制作番組の再放送のみを字幕放送の対象にしていたが、2007年10月より深夜帯に放送される番組に対し本格的に実施した。深夜アニメも例外ではなく、同時期より放送開始したフジテレビ制作の深夜アニメ全てに字幕放送を行っている。2015年7月改編より2020年1月改編まで、CBCテレビでは深夜アニメに限り字幕放送を行なっていなかった為、同局が唯一の実施局であった。

番組制作

2016年4月2日から「オトナの土ドラ」を全国ネットで放送している。かつては1964年から2016年3月まで昼の帯ドラマを制作しており、特に『華の嵐』『真珠夫人』『牡丹と薔薇』といった愛憎系作品は主婦層を中心に社会現象になるほどの話題に発展し、一部の作品はスペシャル版も放送された。

自社制作の生の情報番組も存在しており、月曜日 - 金曜日に『スイッチ!』、日曜日に『タイチサン!』を放送している。

毎年3月に開催される『名古屋国際女子マラソン』→『名古屋ウィメンズマラソン』の中継も東海テレビを制作局として、全国で放送されている。

報道の分野で新たな番組制作を行っており、特に司法の分野では『重い扉』(名張毒ぶどう酒事件の真相に迫った内容)、日本のテレビ局で初めて裁判所内部と現職の裁判官に密着した『裁判長のお弁当』(第45回ギャラクシー賞テレビ部門大賞)、『黒と白』(自白の強要問題をテーマ)、『光と影〜光市母子殺害事件 弁護団の300日』(取材当時世間の逆風にあった被告側の弁護団に密着。第46回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞)といった番組を制作・放送している。

吉本興業とのパイプが太いことでも知られ、『爆笑!駐在君が行く!』・『ぐっさん家〜THE GOODSUN HOUSE〜』・『西川きよしのご縁です!』といった吉本興業のタレントをメインに据えたバラエティ番組を企画・制作している。何れもこの地方のみのローカル番組としてスタートしたものであるが、その後は徐々にネット局を増やしており、特に『ぐっさん家』は多数のネット局を抱えている。同番組は2004年4月から2009年3月までBSフジを通じて全国で放送されていたなど、在名基幹局の中では一番多く、在阪準キー局に近い在名基幹局でもある。

三重県の独立局三重テレビと資本関係を結んでおり、三重テレビのプロ野球中日ドラゴンズ戦中継番組の制作を支援している(三重テレビナイターの項目を参照)。また2004年7月19日から5回に渡って三重テレビで放送された同局制作の番組『LOVE THE EARTH 里海の詩 (うた)』は、東海テレビでも放送された。なお、三重テレビの中部支社は東海テレビ本社別館の施設・テレピア内にある。

東海テレビには長年自社製作テレビアニメが存在していなかったが、2009年7月期より関西テレビとの共同製作短編アニメ『くるねこ』を放送開始した(関東圏ではTOKYO MXtvkでネット)。また、2011年6月6日から2014年3月28日まで自社単独で短編帯番組形式で深夜アニメかよえ!チュー学』を制作・放送していた。なお、現時点では30分アニメの制作実績はない。

他局制作番組のネット状況

土曜18時30分から放送されるスペシャル番組については東海テレビでも放送されるが、19時からの短縮版で放送されることがある。

めざましどようび』が2018年3月まで7:00からの飛び乗り放送だったが、同年4月からフルネットに移行。ちなみに、5:55 - 7:00にはフジテレビ系制作のバラエティ番組や自社制作番組(『すくすくぽん!』等)を放送していた。ただし2013年 - 2015年、2017年は年内最終放送をフルネットした。

都市圏において『働くおっさん劇場』を唯一ネットしていなかった。『はやく起きた朝は…』をかつて土曜日の朝などに不定期で放送していたことがあったが、2011年4月3日よりフジテレビと同時ネットになった。

2003年10月に『藍より青し〜縁〜』を放送開始したことを機に、東海テレビでもいわゆるUHFアニメを不定期的に放送していた時期があった。

かつては平日夕方の時間帯(16:00 - 16:30)は『特選アニメ劇場』と題した帯番組的なアニメ枠を設けており、三大都市圏のキー局系列では唯一の事例であった。 2007年4月に日曜9:00枠をフジテレビとの同時ネット枠に変更して以来、『ゲゲゲの鬼太郎』(第5作目)および『ドラゴンボール改』、『トリコ』、『ドラゴンボール超』を放送してきた。直後の日曜9:30枠についてはフジテレビで放送されている『ONE PIECE』を放送せずに自社制作番組を放送していたが、2011年10月より同時ネットとなった。

かつては『FNS地球特捜隊ダイバスター』をレギュラーで放送していたが、2007年11月より放送休止状態に入った。穴埋め目的で不定期で放送することはあるものの、放送頻度は非常に低い。

1ch

地上デジタル放送のリモコンキーIDは、キー局のフジテレビ・準キー局の関西テレビを始め、多くのフジテレビ系列局[注 2]がその2局のアナログ親局と同じ「8」であるが、東海テレビは自身のアナログ親局名古屋テレビ塔のチャンネルと同じ「1」を使用している(ただし、デジタル親局瀬戸デジタルタワーの物理21chはフジテレビと同じ[注 3])。このために空いた「8」は、東海3県内の民放テレビ局では岐阜放送に割り当てられている。

また、このため名古屋岐阜NHK総合テレビジョンのIDがNHK名古屋のアナログ親局と同じ「3」になっている。

沿革


(本社の改修)

社史・記念誌

東海テレビ放送では、以下の4冊を発行している(2020年3月時点)。

ネットワークの変遷

中継局


デジタル放送

前述の通り、FNN・FNS系列では唯一の「1」である。

愛知県

岐阜県

三重県

アナログ放送

以下は2011年7月24日停波時点でのデータ。

コールサインはJOFX-TV

愛知県

岐阜県

三重県

区域外再放送


長野県のコミュニケーションネットワーク阿南泰阜村コミュニケーションネットワーク区域外再放送をしている。

廃止

スタジオ


下記に述べる本社内のスタジオのほか、大勢の観覧者を集めての番組収録・生放送の場合、本社ビル隣にあるテレピアホール(テレピア内)を使用する事もある。

現在

過去

情報カメラ設置ポイント


現存する設置ポイント

過去に設置されたポイント

現在放送中の番組


自社制作・FNS系列全国ネット

ドラマ

スポーツ中継

スペシャル番組

東海テレビはかつて昼ドラマを制作し、現在はドラマのほかに、年に数本全国ネット向けの特別番組を制作している。『オトナの土ドラ』開始以降は、改編期にその枠で自社制作の全国特番を放送することもある。

自社製作・東海ローカル

帯番組
月曜
火曜
木曜
金曜
土曜
日曜

その他の番組

スポーツ
不定期番組
年始特番

再放送枠

FNS系列局制作・時差ネット

放送終了した番組


東海テレビ制作・全国ネット番組

東海テレビ制作・一部地域ネット番組

教養

ドキュメンタリー・紀行

東海テレビ制作・ローカル放送番組

ニュース

スポーツ

生活情報


ドキュメンタリー・紀行

教養・トーク

音楽

クイズ

バラエティ

テレビドラマ

ミニ番組

放送枠

共同制作番組

フジテレビとの共同制作番組

FNS中部地方系列局間での共同制作番組

いずれも新潟総合テレビ長野放送テレビ静岡富山テレビ石川テレビ福井テレビとの共同制作番組。

※かつて『中日新聞テレビ日曜夕刊』でも共同制作コーナーがあった。

テレビ愛知開局前に放送されたテレビ東京の番組

東京12チャンネル時代のものも含む。

ほか

東海テレビで放送されたUHFアニメ

『ひぐらしのなく頃に解』『狂乱家族日記』『NEEDLESS』以外は、全て関西テレビでも放送された。

その他のネット番組

アナウンサー


※は編成局アナウンス部長経験者。

現職

入社順[11]

過去

 冒頭の年号は入社年、()内はアナウンス職であった期間。

契約

アナウンサー以外の著名な社員


当初は一般職。のちに東海テレビが運営するクラブチーム「東海テレビレッツ体操クラブ(現・笠松体操クラブ)」に所属(後述)

キャッチフレーズ


現代を見つめる眼(1960年代後半 - 1970年代)
現在まで使われ続けている「1マーク」(緑と赤のカラーリングに青丸に白抜きでローマン体による『1』のロゴマークで、人間の目をイメージしている)が制定された当初から長年にわたって使われてきた。
'90進化論 アソンデルタール人(1990年)
1990年代に入ったのを機に採用したキャッチフレーズで、その最初の1年間だけ使用された。
イチバン☆見つけた!(1993年)
開局35周年を迎えたのを機に採用したキャッチフレーズ。
歌え、東海テレビ このキャッチフレーズから「やっぱいちバン!」開始まではフジテレビとほぼ同じ。
やっぱイチバン! 東海テレビ(1997年 - 2007年)
アナログ放送・デジタル放送両方でチャンネルが「1番」であることと、全ての放送局において「1番」であると自負していることの二つの意味を掛け合わせたもの。
わんだほ(2008年 - 2012年)
ワンダフル (Wonderful) の母語話者の発音を聞き取った時の音から採っており、チャンネル番号の「1」 (one) と掛けている。「テレビを通じたワンダフルを提供したい」という意味が込められている。
つたえる つなぐ(開局50周年限定キャッチコピー。2008年 - 2009年)
人と人とのつながりが希薄になっている現代に、テレビにしかできない「人と人とのつながりの大切さ」を未来につなげるという意味。
いまだから 東海テレビ!(2010年 - 2011年)
東海テレビ主義る宣言(2011年4月 - 2011年8月)
キャッチコピーは「○○過ぎる」と「主義」を掛けており、番組によって「面白主義る(面白過ぎる)」や「家族で見主義る(家族で見過ぎる)」といったコピーに変わる。
スイッチ! 東海テレビ(2013年 - 2016年)
同年4月開始の情報番組『スイッチ!』から使用している。
LIVEにスイッチ! 東海テレビ(2016年 - 2017年)
早朝から夕方にかけて生放送が続いていることを強調している。
ふるさとイチバン! 東海テレビ(2018年 - )
開局60周年を機に採用。地域密着と1チャンネルを掛けている。

マスコットキャラクター


イベント


恒例となりつつあるイベントや特色あるイベントを挙げる。テレビ単営局ながら、年間を通じて何かしらのイベントを行っている。

関連企業


不祥事


放送事故


脚注


[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ただし、社名をローマ字読みした「Tokai-TV Hoso Kabushikigaisha」の略という説もある。
  2. ^ 地図上で赤く塗られている地域の局。
  3. ^ キー局とリモコンキーIDではなく親局物理チャンネルが一致したのは、在名5局ではテレビ愛知(「10」)もテレビ東京(「7」)と同じ23chである。
  4. ^ 中華航空140便墜落事故が起きた際に、名古屋空港にお天気カメラを設置していた放送局のうち東海テレビ所有のお天気カメラが稼動していたことから事故の様子をほぼ独占的に放送できた。
  5. ^ 読売ジャイアンツ戦のフジテレビ系列の中継は、全国ネットは2014年4月4日、フジテレビとの2局ネットは2015年5月23日を最後に終了。
  6. ^ ネットセールス上休止できない特番などの放送時。
  7. ^ 16:50 - 17:12.30・17:48 - 18:09はフジテレビ『Live News イット!』を内包。前者は任意ネットで当日のローカルニュースによってはネットしない場合がある、後者はFNN枠。
  8. ^ 17:30 - 17:46.40はフジテレビ『Live News イット!』を内包。
  9. ^ 競馬BEAT#2013年以降
  10. ^ フジテレビ『FNN Live News イット!』のタイトルを差し替えて放送。
  11. ^ シーズン終盤の優勝がかかっている場合の明治神宮野球場東京ヤクルト戦(キー局のフジテレビが放送権を持っている事から)などごくわずか。
  12. ^ 背景は自社制作の昼ドラなどドラマを中心とした番宣。
  13. ^ 番組に登場する解説者は、例年東海テレビのグランパスローカル中継に登場する解説者が登場していたが、2008年・2009年は2008年5月にそれまでレギュラー解説者だった沢入重雄ジェフ千葉のコーチに就任、それ以降はレギュラー解説者がほぼ不在だった事もあり、2008年・2009年はそれぞれ年単位で解説者を招いた(ちなみに2009年はフジテレビ等で解説の仕事をしている風間八宏が登場)。
  14. ^ 長野放送北海道文化放送フジテレビTWOでもネット。
  15. ^ a b c 東京12ch放送分とは異なり、次回予告がカットされた上にEDもボーカル無しの短縮版で放送された。
  16. ^ テレビ愛知へのネット移行後は、副音声放送が実施されるようになった。
  17. ^ なお、第48話から第52話(最終話)までは当時開局したばかりのテレビ愛知で放送された。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 会社概要 - 東海テレビ
  2. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、346頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、353 - 354頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、340頁。
  5. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、320頁。
  6. ^ 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、219頁。
  7. ^ 東海総合通信局の発表(平成17年3月2日)
  8. ^ 「地上デジタル放送推進への取り組み」 (12ページ - 13ページ)参照。
  9. ^ “名古屋のテレビ局が共同で動画配信を軸としたサービス「Locipo(ロキポ)」を3月27日(金)に開始” . @Press. (2020年3月19日). https://www.atpress.ne.jp/news/208179 2020年3月19日閲覧。 
  10. ^ 東海テレビ放送瀬戸デジタルテレビ放送所・無線局免許状 - 総務省
  11. ^ アナウンス.com - 東海テレビ
  12. ^ NHKウィークリーステラ2001年11月23日号全国アナウンサー名鑑
  13. ^ https://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-8133.htm
  14. ^ a b c 10年ぶり新キャラクター「イッチー」をお披露目 「わんだほ」からバトンタッチ マイナビニュース・2017年12月13日・2017年12月16日閲覧
  15. ^ 東海テレビで放送事故 ドラマ11分中断 ”. 日刊スポーツ (2014年10月29日). 2018年1月9日閲覧。
  16. ^ 東海テレビで放送事故 5分超中断、公式サイトで謝罪 ”. サンケイスポーツ (2018年1月9日). 2018年1月9日閲覧。

外部リンク





カテゴリ: 東海テレビ放送 | 日本民間放送連盟会員 | 名古屋市東区の企業 | 東海・北陸地方のテレビ局 | 愛知県のマスメディア | 1958年設立のテレビ局 | 東桜




データム: 13.12.2020 01:19:54 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.