新津きよみ - jpwiki.org

新津きよみ



新津 きよみ(にいつ きよみ、1957年5月4日[1] -)は、日本小説家長野県大町市出身[1]。夫は同じく小説家の折原一

目次

経歴


長野県松本深志高等学校では1年先輩に務台俊介がいた[2]青山学院大学文学部仏文科卒業[1]後、いくつかの企業にOLとして勤めながら講談社フェーマススクールズの小説作法講座を受講していた時、講師の山村正夫の勧めにより小説の投稿を始めたことが小説家としてのデビューに繋がる。1987年、第7回横溝正史賞に応募した「ソフトボイルドの天使たち」が最終候補作となる。1988年に「両面テープのお嬢さん」にて小説家デビュー[1]

女性心理をリアルに描くことに定評があり、日常に根差したサスペンス、ホラー作品に代表作が多い。森村誠一は、新津の著書『信じていたのに』の解説中[要ページ番号]で「新津の初期作品は青春ミステリーの色合いが濃かったが、現在はドメスティック・ミステリー、そこからドメスティック・ホラーに転じる作品が増えた」と記している。

2018年、『二年半待て』で徳間文庫大賞2018を受賞[3]

作品リスト


ヴァージン家族シリーズ

女監察医・叶理香子シリーズ

三上量子シリーズ

七倉愛子シリーズ

三世代警察医物語

長編

短編集

共著・アンソロジー

「」内が収録されている新津きよみの作品タイトル

映像化作品


テレビドラマ

日本テレビ
テレビ東京BSジャパン
  • 忍びよる殺意(1992年2月3日、主演:藤真利子、原作:女に向いてる職業『悪女の秘密』所収)
  • BSミステリー
    • 二つの嘘〜同窓会殺人事件!(2005年8月14日、主演:田中好子、原作:二重証言)
テレビ朝日
フジテレビ関西テレビ
TBS

映画

脚注


注釈

  1. ^ 夫である折原一の作品が掲載されている『赤に捧げる殺意』も同日発売されたが、発売日である2013年2月23日は22回目の結婚記念日であったと自身のブログで触れている[4]

出典

  1. ^ a b c d 会員名簿 新津きよみ ”. 日本推理作家協会. 2016年11月19日閲覧。
  2. ^ twitter 2017/08/08
  3. ^ 徳間書店 文芸編集部 on Twitter 」『Twitter』。2018年9月28日閲覧。
  4. ^ 新津きよみ (2013年2月25日). “アンソロジーが発売になりました ”. 【新津きよみの書いたり観たり ミステリー作家】. 2013年5月1日時点のオリジナル [リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月18日閲覧。

外部リンク





カテゴリ: 20世紀日本の女性著作家 | 21世紀日本の女性著作家 | 日本の小説家 | 日本の女性小説家 | 日本のライトノベル作家 | 日本の推理作家 | 日本のホラー作家 | 青山学院大学出身の人物 | 長野県松本深志高等学校出身の人物 | 長野県出身の人物 | 1957年生 | 存命人物




データム: 13.12.2020 11:49:41 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.