新宅洋志 - jpwiki.org

新宅洋志



新宅 洋志
基本情報
国籍 日本
出身地 島根県浜田市片庭町
生年月日 1943年12月9日(77歳)
身長
体重
175 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1965年 ドラフト2位
初出場 1966年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1984 - 1989, 1992 - 1994)

新宅 洋志(しんたく ひろし、1943年12月9日[1] - )は、島根県出身の元プロ野球選手捕手、右投右打)・コーチ

目次

経歴


浜田高では1961年夏の甲子園島根県予選準決勝に進出するが、大社高の若月宏之投手(立大全大丸)に抑えられ敗退。甲子園には出場できなかった。高校卒業後、同期の竹野吉郎外野手とともに駒澤大学へ進学。東都大学野球リーグでは1962年から春季リーグ3回連続優勝。1964年には左腕エース盛田昌彦(北海道拓殖銀行)を擁し、全日本大学野球選手権大会決勝で早大を降し優勝した。同年10月には、東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された日米大学野球選抜試合に捕手、五番打者として出場している。リーグ通算85試合出場、301打数70安打、打率.233、3本塁打、38打点。最高殊勲選手1回(1964年春季)、ベストナイン4回受賞。

1966年中日ドラゴンズへ入団。捕手としてのポテンシャルは優れていたが、打力で勝る木俣達彦が正捕手に君臨していた為、出場機会は少なかった。しかし、木俣が故障した1967年には88試合に出場し、オールスターゲームにも選出されている。その後も貴重な二番手捕手、右の代打として活躍した。1978年限りで現役引退。

引退後は東海テレビ東海ラジオ野球解説者、球団スカウトなどを歴任し、1984年1989年1992年1993年には中日の一軍バッテリーコーチ、1994年は二軍バッテリーコーチを務めた。その後は全国担当のスカウト、少年野球担当も務め、NPB12球団ジュニアトーナメントでは中日ジュニアチームの監督を務めており、2008年大会では優勝を果たした。2011年末に退団。

人物


1975年9月10日、首位を走り初優勝に邁進する広島東洋カープと2位の中日ドラゴンズが広島市民球場で対戦。9回裏二死、1点を追う広島が山本浩二の中前打で二塁走者の三村敏之が本塁に突入[2]。クロスプレーとなったが、新宅が三村の顔面にタッチしアウト。4対5で中日が逃げ切った[2]。これに三村が激怒し両軍選手及びファンもグラウンドに入り乱れての大乱闘となり、翌日の試合は中止という異常事態となった(山本文男の項目も参照)[2]

詳細情報


年度別打撃成績

















































O
P
S
1966 中日 37 48 45 2 7 0 0 0 7 1 1 0 1 0 1 0 1 9 3 .156 .191 .156 .347
1967 88 264 242 24 52 7 0 6 77 24 1 1 6 0 14 4 2 43 3 .215 .264 .318 .582
1968 66 133 122 5 25 4 0 1 32 9 1 2 1 1 9 2 0 22 5 .205 .258 .262 .520
1969 40 85 75 4 17 3 1 1 25 6 0 1 2 0 8 1 0 11 1 .227 .301 .333 .635
1970 35 39 36 4 6 2 0 1 11 2 0 0 2 0 1 0 0 6 1 .167 .189 .306 .495
1971 60 69 63 2 12 2 0 0 14 3 0 1 0 0 5 0 1 9 2 .190 .261 .222 .483
1972 28 49 42 3 6 2 1 0 10 1 0 0 0 0 7 1 0 16 1 .143 .265 .238 .503
1973 51 87 76 2 14 2 0 0 16 4 0 0 1 1 9 0 0 14 3 .184 .267 .211 .478
1974 42 48 46 4 10 1 0 0 11 4 0 0 0 0 2 0 0 7 1 .217 .250 .239 .489
1975 54 73 64 1 16 2 0 1 21 8 2 0 1 1 7 1 0 12 3 .250 .319 .328 .648
1976 52 73 65 5 20 3 1 0 25 8 1 0 3 0 5 0 0 6 5 .308 .357 .385 .742
1977 20 20 20 0 5 1 0 0 6 3 0 0 0 0 0 0 0 3 2 .250 .250 .300 .550
1978 28 27 23 2 6 0 0 0 6 4 0 0 1 0 3 0 0 6 1 .261 .346 .261 .607
通算:13年 601 1015 919 58 196 29 3 10 261 77 6 5 18 3 71 9 4 164 31 .213 .272 .284 .556

記録

背番号

脚注


[脚注の使い方]
  1. ^ 一般社団法人日本野球機構. “新宅 洋志(中日ドラゴンズ) | 個人別年度成績 ” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2020年10月5日閲覧。
  2. ^ a b c 【8月3日】1975年(昭50) 巨人は蚊帳の外 0・5差でセ4強がデットヒート ”. スポーツニッポン (2007年8月3日). 2012年12月27日閲覧。

関連項目


外部リンク





カテゴリ: 日本の野球選手 | 島根県立浜田高等学校出身の人物 | 駒澤大学硬式野球部の選手 | 中日ドラゴンズ及びその前身球団の選手 | NPBオールスターゲーム選出選手 | 日本の野球指導者 | 島根県出身の人物 | 1943年生 | 存命人物




データム: 13.12.2020 09:20:26 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.