安曇野インターチェンジ - jpwiki.org

安曇野インターチェンジ



安曇野インターチェンジ
安曇野インターチェンジ(出口料金所)
所属路線 E19 長野自動車道
IC番号 5
料金所番号 01-455
本線標識の表記 安曇野 大町 白馬
【補助標識】
(上り)豊科 穂高
(下り)豊科
起点からの距離 33.1 km(岡谷JCT起点)
梓川SA (3.2 km)
(19.7 km) 筑北PA
接続する一般道
長野県道57号安曇野インター堀金線

長野県道310号柏矢町田沢停車場線
供用開始日 1988年昭和63年)8月3日
通行台数 x台/日
所在地 399-8201
長野県安曇野市豊科南穂高200
テンプレートを表示

安曇野インターチェンジ(あづみのインターチェンジ)は、長野県安曇野市にある長野自動車道インターチェンジである。

安曇野BSが併設されている。中央道方面からの安曇野地域および大町白馬といった北アルプス地域への玄関口である。長野自動車道はこのインターチェンジから隣の麻績インターチェンジとの間で進路を長野市方向に向ける。そのため、白馬方面等の高速バスはこのインターチェンジ高速道路を降りる。

2005年道路関係四公団民営化後は当ICを境に北側(麻績IC側)が東日本高速道路、南側(松本IC側)中日本高速道路の営業範囲となり、当ICは中日本高速道路の管轄となっている。

目次

名称変更の過程


1988年8月3日の開設当初から旧豊科町に由来して「豊科インターチェンジ(とよしなインターチェンジ)」として運用されていたが、「安曇野市・豊科地域インターチェンジ名称検討協議会」における協議の結果、2012年10月7日に合併後の自治体名でもあり知名度も高い「安曇野インターチェンジ」へ改称された[1]。振り仮名は市名同様に「あづみの」となっている[2]

道路


接続する路線


料金所


入口

出口

周辺


安曇野バスストップ


安曇野バスストップ(あづみのバスストップ)は、長野県安曇野市長野自動車道安曇野インターチェンジ内に併設されている高速バス停留所

本停留所に停車する高速バスは、旅客案内上の停留所名を「長野道安曇野」と案内している。2013年3月31日までは豊科バスストップであり、旅客案内上の停留所名は「長野道豊科」であった[3]

停車する路線


E19 長野自動車道
(4) 松本IC - (4-1) 梓川SA/SIC - (5) 安曇野IC - 本城BS/SIC(SICは事業中) - 筑北PA - (6) 麻績IC

脚注


[脚注の使い方]

関連項目


外部リンク





カテゴリ: 日本のインターチェンジ あ | 長野県のインターチェンジ | 中部地方のバス停 | 安曇野市の交通 | 安曇野市の建築物 | 1988年開業の道路施設




データム: 13.12.2020 05:11:35 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.