仁村徹 - jpwiki.org

仁村徹



仁村 徹
中日ドラゴンズ 二軍監督 #72
ロッテ浦和球場にて(2015年)
基本情報
国籍 日本
出身地 埼玉県川越市
生年月日 1961年12月26日(58歳)
身長
体重
182 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手一塁手投手
プロ入り 1983年 ドラフト2位
初出場 1984年10月5日
最終出場 1997年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

仁村 徹(にむら とおる、1961年12月26日 - )は、埼玉県川越市出身の元プロ野球選手内野手投手)、プロ野球コーチ、

実兄は元プロ野球選手の仁村薫で、現役時代は中日ドラゴンズで一緒にプレーした経験がある(当時、スコアボードなどには「仁村兄(=薫)」「仁村弟(=徹)」と表記されていた)。現在は中日ドラゴンズの二軍監督。

目次

来歴


上尾高校では、右下手投げのエースとして活躍。1979年春季関東大会決勝に進み、銚子商に惜敗するが好投手として注目される。同年夏の甲子園に出場。1回戦で浪商と対戦、9回2死まで2-0とリードしながら勝利目前で牛島和彦に同点2ランを打たれ、延長11回敗北[1]。このときの試合は今も甲子園史上に残る名試合として語り継がれている。

卒業後は東洋大学に進学。東都大学野球リーグでは3年生の時、1982年春季リーグで4年振りの優勝を飾る。8勝2敗の成績を残し、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを受賞した。直後の大学野球選手権では、決勝で田中富生木戸克彦のバッテリーを擁する 法大に敗れ準優勝。同年秋季リーグは専大に次ぐ2位に終わるが、6勝2敗を記録し最優秀投手、ベストナインを連続受賞した。1年上のチームメートに投手の佐藤秀明外野手大野久捕手の杉本恭彦(日本通運-東洋大監督)らがいる。しかし翌1983年河野博文白井一幸ら投打に厚みを増した駒大が台頭し春秋季連続優勝、東洋大は主力の卒業もあって低迷を余儀なくされた。リーグ通算75試合登板、29勝19敗、防御率2.12、155奪三振。

1983年のドラフト2位で中日に入団。1年目の1984年に投手として初登板初勝利を挙げた(このときリリーフで勝利をアシストしたのはかつてのライバル、牛島であった)。首脳陣は翌シーズンから打者転向を予定しており、投手としての最後に記念登板で起用したところ、打線の思わぬ援護で勝利投手となった。

投手としては前述の1試合の出場のみで、1986年二塁手に転向。1987年に同年監督に就任した星野仙一に起用され[2]、122試合に出場してレギュラーとして定着。同年は生涯唯一の規定打席(17位、打率.287)に達する。1988年は左ヒザの故障で出遅れ92試合の出場、ポジションも二塁手にコンバートされた宇野勝の存在もあって三塁手がメインになる。規定打席には届かなかったものの打率.306、7本塁打、52打点の好成績を挙げ、チームの優勝に大きく貢献した。同年の西武ライオンズとの日本シリーズでは、全5戦に六番打者、三塁手として先発。16打数4安打2打点を記録した。1989年には主将になりチームをまとめたが、それ以降はヒザの故障の再発などもあり、おおむね年間100試合弱の出場にとどまった。その3年後に一旦は主将を辞めたが、1994年には三塁手にコンバートされ、五番打者を務めると同時に、再び主将を務めた。

1996年千葉ロッテマリーンズに移籍。一塁手にコンバートされレギュラーを獲得、85試合に先発出場を果たし打線の中軸となる。1997年には主に代打として起用されたが、19試合に先発出場。指名打者として4試合に四番打者を務めたが、指導者になるために同年限りで現役を引退。

捕手を除く投手・内外野計8ポジションで出場を経験した。ロッテ在籍時は、当時投手を除く8ポジションを経験した五十嵐章人と同僚となった。五十嵐はオリックス移籍後に全ポジション出場を達成したが、仁村は捕手を守らないまま引退した。中日時代の応援歌は燃ゆる大空だった。

引退後

引退後は古巣・中日で1998年から2001年まで二軍監督を務め、2000年には10連勝[3]ウエスタン・リーグ優勝、日本一に導いた。2002年には一軍ヘッドコーチ、2003年から2004年は一軍内野守備コーチを務め、2005年から5年間スカウト(関東・東海地区担当)となった。また、そのかたわらCBCのゲスト解説者も務めていた(2009年まで)。

2010年より東北楽天ゴールデンイーグルスの二軍監督に就任。しかし、7月13日付で慢性硬膜下血腫のため休養。手術を受け、7月26日の大学日本代表 対 NPBフレッシュ選抜から復帰した。その後、2011年1月1日付で一軍作戦コーチに就任した。、2012年は二軍監督を務めた。2013年からは一軍チーフコーチとなり、球団初のリーグ優勝と日本一に貢献した。2015年は二軍チーフコーチ、2016年は一軍ヘッドコーチを務め、シーズン終了後来季の契約を結ばないと発表された[4]

2017年からは2年間東北楽天ゴールデンイーグルスのスカウト部副部長を務める[5]2018年10月28日退団[6]2019年東海テレビJ SPORTS東海ラジオの野球解説者、中日スポーツ東京中日スポーツの野球評論家に就任する。

2020年からは中日ドラゴンズの二軍監督に就任することが発表された[7]。背番号は72。 8月28日の広島戦から9月17日のオリックス戦まで20年ぶりの10連勝[3]

プレースタイル・人物


スタメンでは主に1・2・3・6・7番を打ち、右方向への芸術的な流し打ちとここ一番での勝負強さで知られた。バントも巧く、1987年にはリーグ2位タイ(岡崎郁と同数)の31犠打を記録、1991年の読売ジャイアンツとの開幕戦(東京ドーム)では、勝負どころの重要な場面で3つの犠打を決めている。

足はそれほど速くなく守備範囲も広くはなかったが、捕球・送球は堅実であった。

スタメンを外れた日は、川又米利と共に代打の切り札として首脳陣からの信頼も厚く、ファンにとっても強く記憶に残る選手であった。 2005年に刊行された『中日ドラゴンズ70年 昇竜の軌跡』(ベースボール・マガジン社)でのアンケート企画「これぞ名脇役 BEST10」では[8]、301票を集め第1位を獲得している。

普段は温和な性格であるが、血の気の多い一面もあり、星野仙一をして「怒ったら、俺より怖い」と言わしめた事もある[9]

中日の二軍監督時代に井端弘和に2番打者としてのイロハを叩き込んだ。その指導は厳しく、井端を殴ったこともある[10]

荒木雅博は2000安打の際兄薫と共に仁村を恩人として名前を挙げ「土台を作ってくれた。2軍の5年間が大きかった」と述べている[11]

詳細情報


年度別投手成績





















































W
H
I
P
1984 中日 1 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 7 1.2 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0.00 1.20
通算:1年 1 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 7 1.2 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0.00 1.20

年度別打撃成績

















































O
P
S
1984 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1986 36 55 50 2 10 1 0 2 17 8 1 0 3 1 1 0 0 15 1 .200 .212 .340 .552
1987 122 498 439 61 126 20 4 11 187 40 6 6 31 1 21 0 6 56 10 .287 .328 .426 .754
1988 92 361 314 34 96 17 1 7 136 52 4 4 12 5 27 1 3 65 10 .306 .361 .433 .794
1989 93 347 307 37 83 14 1 8 123 32 4 3 16 1 22 3 1 58 9 .270 .320 .401 .721
1990 100 331 289 37 86 18 0 4 116 32 2 3 9 3 28 1 2 56 12 .298 .360 .401 .762
1991 95 296 246 32 60 9 1 2 77 29 3 0 17 3 29 3 1 49 15 .244 .323 .313 .636
1992 87 151 132 10 28 3 0 4 43 14 0 0 0 0 18 0 1 27 4 .212 .311 .326 .637
1993 86 302 267 36 85 9 1 12 132 34 1 1 8 1 23 0 3 49 9 .318 .378 .494 .872
1994 99 342 306 31 79 8 2 4 103 30 3 2 4 3 27 1 2 56 8 .258 .320 .337 .656
1995 80 247 224 23 58 3 0 8 85 30 0 0 2 2 18 2 1 35 9 .259 .314 .379 .694
1996 ロッテ 105 353 319 22 80 14 0 4 106 24 1 1 1 1 30 0 2 51 12 .251 .318 .332 .650
1997 72 126 108 10 29 7 1 1 41 19 0 1 0 1 16 4 1 21 8 .269 .365 .380 .745
通算:13年 1068 3409 3001 335 820 123 11 67 1166 344 25 21 103 22 260 15 23 538 107 .273 .334 .389 .722

表彰

記録

背番号

関連情報


出演番組

※ゲスト解説者として。

脚注


関連項目


外部リンク





カテゴリ: 日本の野球選手 | 東洋大学硬式野球部の選手 | 中日ドラゴンズ及びその前身球団の選手 | 千葉ロッテマリーンズ及びその前身球団の選手 | 日本の野球監督 | 東北楽天ゴールデンイーグルス関連人物 | 野球解説者 | 埼玉県出身の人物 | 1961年生 | 存命人物




データム: 13.12.2020 01:55:54 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.