中村白葉 - jpwiki.org

中村白葉



中村 白葉(なかむら はくよう、1890年11月23日 - 1974年8月12日)は、ロシア文学者。

目次

経歴


神戸市生まれ。本名・長三郎。別号は天涯。名古屋商業学校(現・名古屋市立名古屋商業高等学校)を出たのち、1912年東京外国語学校(現・東京外国語大学)ロシア語科卒業。八杉貞利に師事する。米川正夫は一歳年下で在学中に知り合い、一緒に同人誌『露西亜文学』を刊行しロシア文学の紹介を始める。卒業後、鉄道院に勤めるが文学への志が強く、辞職、雑誌編集者となる。24歳の時、新潮社にいた投書仲間の加藤武雄より「罪と罰」の翻訳依頼を受け、1914年、それまで内田魯庵の英語からの重訳で読まれていたのを、初めてロシア語からの邦訳を刊行する。1915年、朝日新聞社に入るが、翌年、貿易商野沢組のロシヤ部に二年間勤務。1919年、退職し、『アンナ・カレーニナ』を翻訳、また1922年頃、福岡日日新聞に自伝的小説「蜜蜂の如く」を連載した。1923年の震災後、日本電報通信社文藝部に三年半勤務するが辞職、以後ロシア文学の翻訳に生涯を捧げる。トルストイチェーホフプーシキンの作品は、その大半を手がけた。『アンナ・カレーニナ』は何度も改訳を行った[1]1956年以来、度々木崎夏期大学長野県大町市)でロシア文学の講師を務めた。大町市内に「事実は唯一無二のもの、その重さは比較を絶する」との筆跡を刻んだ碑が建立された。

1973年日本芸術院賞を受賞[2]

妻は杵屋三叟(1847~1927)の娘、ロシア文学者の中村融は、女婿にして養子。

著書


翻訳

脚注


[脚注の使い方]
  1. ^ 中村白葉著『ここまで生きてきて―私の八十年』河出書房新社、1971
  2. ^ 『朝日新聞』1973年4月10日(東京本社発行)朝刊、22頁。

参考文献






カテゴリ: 日本の文学研究者 | ロシア文学者 | 日本の翻訳家 | 東京外国語大学出身の人物 | 神戸市出身の人物 | 1890年生 | 1974年没




データム: 13.12.2020 07:28:37 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.