ファルコンステークス - jpwiki.org

ファルコンステークス



ファルコンステークス
2014年ファルコンステークス
開催国 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 中京競馬場
創設 1987年7月5日
2018年の情報
距離 芝1400m
格付け GIII
賞金 1着賞金3800万円
出走条件 サラ系3歳(国際)(特指)
負担重量 別定
出典 [1][2]
テンプレートを表示

ファルコンステークスは、日本中央競馬会 (JRA) が中京競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である。競馬番組表での名称は「中日スポーツ賞 ファルコンステークス(ちゅうにちスポーツしょう ファルコンステークス)」と表記している[1][2]

競走名の「ファルコン(Falcon)」は、ハヤブサを意味する英語[3]

中日スポーツ」は、中日新聞社が発行するスポーツ紙。同社より寄贈賞の提供を受けている[3]

正賞は中日スポーツ総局賞[1][2]

目次

概要


1987年に「中日スポーツ賞4歳ステークス(ちゅうにちスポーツしょうよんさいステークス)」の名称で創設された、4歳(現3歳)馬による重賞競走[3][4]。2001年より現名称となった[3][4]

創設時は中京競馬場の芝1800mで夏季(6月 - 7月)に行われていた[4]が、1996年に4歳(現3歳)短距離路線の充実を図ることを目的として距離を芝1200mに短縮[4]。2006年には開催時期を3月に繰り上げ、2012年からは距離が芝1400mに変更され現在に至る[4]

外国産馬は1994年から、地方競馬所属馬は1997年からそれぞれ出走可能になり[5]、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった[6]

競走条件

以下の内容は、2018年現在[1][2]のもの。

出走資格:サラ系3歳

負担重量:別定

2017年まではNHKマイルカップのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬はNHKマイルカップの出走候補馬(2頭まで)のほか、JRAの2歳GI競走および芝の3歳重賞競走を優勝した地方競馬所属馬も優先出走ができた[4][7][8]。なお、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めた馬にNHKマイルカップの優先出走権が与えられていた[7][8]

賞金

2015年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円[1][2]

歴史


歴代優勝馬

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

競走名は第14回まで「中日スポーツ賞4歳ステークス」[4]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1987年7月5日 中京 1800m ヒデリュウオー 牡3 1:48.8 加用正 大沢真 梅沢光行
第2回 1988年7月3日 中京 1800m サッカーボーイ 牡3 1:48.9 河内洋 小野幸治 (有)社台レースホース
第3回 1989年7月2日 中京 1800m オサイチジョージ 牡3 1:47.9 丸山勝秀 土門一美 野出長一
第4回 1990年7月1日 中京 1800m ロングアーチ 牡3 1:48.5 武豊 宇田明彦 中井商事(株)
第5回 1991年6月30日 中京 1800m コガネパワー 牡3 1:48.5 田原成貴 鶴留明雄 瀬古孝雄
第6回 1992年7月5日 中京 1800m キョウエイボーガン 牡3 1:48.2 松本達也 野村彰彦 松岡正雄
第7回 1993年7月4日 京都 1800m ネーハイシーザー 牡3 1:45.2 塩村克己 布施正 (株)大丸企業
第8回 1994年7月2日 中京 1800m イナズマタカオー 牡3 1:48.7 大崎昭一 日迫良一 小島隆男
第9回 1995年7月1日 中京 1800m イブキラジョウモン 牡3 1:49.6 武豊 領家政蔵 (有)伊吹
第10回 1996年6月1日 中京 1200m スギノハヤカゼ 牡3 1:08.5 田島裕和 鹿戸幸治 杉江義夫
第11回 1997年6月7日 中京 1200m オープニングテーマ 牡3 1:09.6 小池隆生 太宰義人 前田幸治
第12回 1998年6月13日 中京 1200m トキオパーフェクト 牡3 1:09.9 蛯名正義 古賀史生 坂田時雄
第13回 1999年6月12日 中京 1200m サイキョウサンデー 牡3 1:09.8 河内洋 坂口正大 奥本賢一郎
第14回 2000年6月11日 中京 1200m ユーワファルコン 牡3 1:08.9 中舘英二 堀井雅広 (株)ユーワ
第15回 2001年6月10日 中京 1200m ルスナイクリスティ 牝3 1:08.9 秋山真一郎 高木嘉夫 (有)髙昭牧場
第16回 2002年6月9日 中京 1200m サニングデール 牡3 1:08.9 福永祐一 瀬戸口勉 後藤繁樹
第17回 2003年6月15日 中京 1200m ギャラントアロー 牡3 1:09.7 幸英明 崎山博樹 冨沢敦子
第18回 2004年6月13日 中京 1200m キョウワハピネス 牝3 1:09.5 安田康彦 佐山優 浅川昌彦
第19回 2005年6月12日 中京 1200m カズサライン 牡3 1:09.9 中舘英二 和田正道 阿津和昌
第20回 2006年3月11日 中京 1200m タガノバスティーユ 牡3 1:09.9 池添謙一 池添兼雄 八木良司
第21回 2007年3月10日 中京 1200m アドマイヤホクト 牡3 1:08.0 横山典弘 古賀史生 近藤利一
第22回 2008年3月15日 中京 1200m ダノンゴーゴー 牡3 1:09.0 武豊 橋口弘次郎 (株)ダノックス
第23回 2009年3月21日 中京 1200m ジョーカプチーノ 牡3 1:08.9 藤岡康太 中竹和也 上田けい子
第24回 2010年3月20日 中京 1200m エーシンホワイティ 牡3 1:08.7 北村友一 松元茂樹 (株)栄進堂
第25回 2011年3月19日 阪神 1200m ヘニーハウンド 牡3 1:08.7 岩田康誠 矢作芳人 林正道
第26回 2012年3月17日 中京 1400m ブライトライン 牡3 1:24.0 安藤勝己 鮫島一歩 (株)ノースヒルズ
第27回 2013年3月16日 中京 1400m インパルスヒーロー 牡3 1:22.2 田中勝春 国枝栄 佐々木完二
第28回 2014年3月22日 中京 1400m タガノグランパ 牡3 1:21.2 福永祐一 松田博資 八木良司
第29回 2015年3月21日 中京 1400m タガノアザガル 牡3 1:22.9 松田大作 千田輝彦 八木良司
第30回 2016年3月19日 中京 1400m トウショウドラフタ 牡3 1:25.0 田辺裕信 萱野浩二 トウショウ産業(株)
第31回 2017年3月18日 中京 1400m コウソクストレート 牡3 1:21.1 戸崎圭太 中舘英二 野崎昭夫
第32回 2018年3月17日 中京 1400m ミスターメロディ 牡3 1:22.1 福永祐一 藤原英昭 グリーンフィールズ(株)
第33回 2019年3月16日 中京 1400m ハッピーアワー 牡3 1:20.9 吉田隼人 武幸四郎 高嶋祐子
第34回 2020年3月14日 中京 1400m シャインガーネット 牝3 1:21.3 田辺裕信 栗田徹 山口功一郎

脚注・出典


[脚注の使い方]

参考文献

注釈

  1. ^ 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典

  1. ^ a b c d e 重賞競走一覧(レース別・関西) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 9 (2017年). 2016年3月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e 平成29年第2回中京競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年3月28日閲覧。
  3. ^ a b c d 2016年度第2回中京競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 2. 2016年3月28日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i レースについて:ファルコンステークス 今週の注目レース ”. 日本中央競馬会. 2016年3月28日閲覧。
  5. ^ a b c 中央競馬全重賞競走成績集 【2歳・3歳編】
  6. ^ a b c 第2回 中京競馬成績集計表 (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 898-899 (2009年). 2016年3月28日閲覧。(索引番号:08035)
  7. ^ a b 「地」が出走できるGI競走とそのステップ競走について(平成29年度) (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年3月28日閲覧。
  8. ^ a b 平成29年度競馬番組一般事項 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年3月28日閲覧。
  9. ^ 第1回 中京競馬成績集計表 (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 791-792 (2007年). 2016年3月28日閲覧。(索引番号:07035)
  10. ^ GII金鯱賞&フィリーズレビュー、GIIIファルコンS&中山牝馬Sに注目/今週の競馬界の見どころ | 競馬ニュース ” (日本語). netkeiba.com. 2020年3月15日閲覧。

各回競走結果の出典

外部リンク





カテゴリ: 中央競馬の競走 | 中京競馬場の競走 | 中日新聞社




データム: 13.12.2020 02:19:32 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.